アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

チェックポイント・チャーリー

      2018/03/30


 

第二次世界大戦後の冷戦期に、東ベルリンと西ベルリンの境界線上に置かれていた国境検問所「チェックポイント・チャーリー」、電車で行けて交通の便もいいので、お時間あればどうぞ。ただし、ポツンと「復元された小屋」があるだけなので、わざわざ行く必要があるかというと、、、。

スポンサーリンク



チェックポイント・チャーリー

最寄り駅は、Stadtmitte駅か、Kochstraße駅ですね。ちょうど中間ぐらいにチェックポイント・チャーリーがあります。

道路のど真ん中!通行規制も横断歩道もないので、浮かれて写真撮ってると危ないです。こちら側がソ連側領土だったところ。
住所:Friedrichstraße 43-45, 10117 Berlin, ドイツ

反対側から見る。こちら側がアメリカ側領土だったところ。

なので、アメリカ側領土側にはこんな看板。

ソ連側にこんな看板があります。

小屋は2000年に復元されたものですから、これ自体に歴史的価値はないです。

横に照明がついていたりして、それっぽく作ってはありますね。

あと、気になったのが、この衛兵?

確かに、アメリカ兵が1名、ソ連兵の1名がそれぞれ勤務してたそうですが、今も居る!

ってよく見ていると、お金取ってますね。衛兵のウエストバッグには、写真1枚3ユーロって書いてるし。政府の派遣とは思えませんので、勝手に店開きしているパフォーマーってことでしょうね。かなり頻繁に観光客からお金取ってましたので、相当儲かってると思います。

横にはビザのスタンプ押します、、、見たいにありますが、ここではなく、後述の博物館で押してもらえるようです。

小屋の中には説明パネルがいくつか。

 

壁の跡

壁があったところには、こんな感じで色分けされています。というか、たぶんこれがそう。

こっちにもある。

こちらの星のマークの奥には、、、

壁の一部が残されていました。

どちらさま?

 

チェックポイントチャーリー博物館

ちょっと時間が無くては入れてないのですが、1963年に開館した、チェックポイントチャーリー博物館がすぐ近くにあります。

パンフレットも大量に配布されていますので、すぐ見つけられると思います。

ここではパスポートに押印もしてもらえるそうですが、勝手に押していいんですかね、、?

 

ショップ

あと気になったのが、こちらのwall museum というショップ

まぁ、定番の「壁の一部」のお土産。

ところがビックリ。奥の工房で自作してました。確かにこの分厚さが、さっきのお土産に化ける(いや、そもそも、このコンクリートが本物の壁の一部かすら怪しい)ことを考えると、表面以外には「何かを塗らないと」いけませんからね。ってことで、多彩なペンキ道具が並べられてました。 これを工房として公開しているってのが、またすごいですが。

ま、横にカフェも併設されているので、気になった方はどうぞ。

 

資料展示スペース

チェックポイントチャーリーの近くには、無料の資料展示スペースがあります。

壁の一部がここにもありました。

実際の検問所は結構でかいんですね。

これが、当時のチェックポイントチャーリーかな?

あとは、カリーブルスト食べて帰ります。あ、、近くには「カリーブルスト博物館」がありますので、ついでにどうぞ。

 

おまけ

ベルリンでは、証明写真ボックスをよく見ます。なにか記念撮影的につかってるんでしょうかね?

 

連合国博物館ウェブサイト(公式サイト)

 

 


 - ヨーロッパ , , , , ,

ad

ad


  関連記事

長距離のヨーロッパ国際線JAL便の機内Wi-Fiを使ってみた

  JAL便で提供されている「機内Wi-Fi」を北極経由(成田ーフラン …

ベルリン:フリードリヒスハーゲンから88系統の路面電車に乗る。駅舎も素敵でした。

  ドイツの旧東ベルリン地区の88系統トラムに乗ってみました。時間が無 …

ドイツ・ベルリンの「ドイツ技術博物館」は見どころ満載でオススメ(織機とアクセサリー編)

  ドイツ・ベルリンに1982年に設立され、歴史的な技術加工品の大規模 …

ドイツ・ベルリンのテレビ塔に登ってみる

  ドイツ・ベルリンのテレビ塔のチケットを買うのにJCBカードが使えず …

本場ドイツ・ベルリンのオクトーバーフェストでソーセージを食べる

  本場ドイツ・ベルリンのオクトーバーフェストで、定番のソーセージを買 …