アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

創業1852年の老舗バウムクーヘン「Konditorei G.Buchwald」 #ベルリン

      2018/05/02


 

ドイツと言えば「バウムクーヘン」ですよね? ただし先にお伝えしておく必要がありますが「日本のバウムクーヘンの方が2万倍美味しいです」。ドイツのバウムクーヘンもかなり進化していますが、正直「記念に食べる」くらいの気持ちが大切です。

スポンサーリンク



番外編)ミュンヘンのバウムクーヘン

かなり以前に訪問した、ドイツ ミュンヘンのバウムクーヘン(バームクーヘン?)屋さん。「Cafe Kreutzkamm(クロイツカム)」は1825年創業。

もともとドレスデンのお店ですが、こちらはミュンヘン支店ですね。今もまだあると思います。
住所:Maffeistraße 4, 80333 München, ドイツ

ここで頂けるバウムクーヘンは伝統的なもの。まったく甘くないです。香辛料? がすっごく効いていて、なんか保存食みたいな感じです。旅の記念にどうぞ。

つづいて、本題のバウムクーヘン ベルリン編をどうぞ。

 

Bellevue駅

例によってアレクサンダー広場にあるアレクサンダー駅から移動開始。S3、S5、S7、S9のどれでもいいので、ベルリン中央駅方面に乗ります。

ベルリン中央駅の1つ先にある「Bellevue駅」に到着しました。

ここの駅舎もすさまじく古そう。いいですね。

ICEかな? 高速列車が走ってました。

駅前広場にあったカリーブルスト屋台。

ここでも1つ1.7ユーロでした。もしかして価格統一されている??

駅からシュプレー川に向かいます。

 

シュプレー川

シュプレー川にかかる橋。

ボートツアーのボートが多数停泊しています。

ふむ、、、。ってドイツ語しか書いてない。読めない、、、。とりあえず、15ユーロで1時間くらいのボートツアーらしいです。

 

Konditorei G.Buchwald

で、その橋の近くに、バウムクーヘン屋さん「ブーフヴァルト 」があります。Konditoreiはドイツ語で「ケーキ屋さん」って意味ですね。
住所:Bartningallee 29, 10557 Berlin, ドイツ

少々落書きされていますが、、オシャレなカフェですね。お店の前のオープンスペースにもお客さん一杯です。

看板ありました。「朝食」って書かれている。

さて店内。バウムクーヘン専門店かと思ってましたが、普通にケーキ屋さんですね。

美味しそう! ちゃんとしたケーキ!

その中に、さりげなくバウムクーヘンが混ざってる!!

今回は時間もあるのでケーキも食べてからお土産買って帰ることにします。と、、こちらがレジの写真ですが「Kartenzahlung ab 10,00 Euro」って書いてある。Google翻訳によると「10ユーロからのカード支払い」とのこと。

で、ケーキを選んでコーヒーもお願いしたら、会計は後でねww と店の奥のカフェスペースに通された。

わぁ、ヤバい。イイ感じ! すでに2組いましたが、いずれも日本人。地元の方はオープンスペース。日本人は店内、、。

で、ぼっちで、しばし待ちます、、、。

スポンサーリンク



実食

で、来ましたよ。ケーキ2種+コーヒー。グラスはお水ですね。

ケーキ2つも必要だったか悩みながらも、、でも美味しそうだから!

少しずつ食べ進めます。奥のオレンジのフルーツケーキ風のは、かなり硬めですがマーマレードみたいな感じでもあり、かなり美味しい。

手前のチョコレートのやつは、バウムクーヘンのチョココーティングなんです。超ハードなバウムクーヘンが中に入っていて、でもチョコがあるので、結構いける。ミュンヘンで食べたバウムクーヘンに近い食感でした。

結構ノンビリさせて頂きました。最後にトイレをお借りしましたが、そのトイレにはなぜか体重計が、、、。今、、測れと、、、?

 

お土産

そしてお土産を買って帰ります。店内の壁にお土産用に用意されているものが多数。もちろん大きさがバラバラですので、お好きなサイズ(グラムで計量されて値段が書かれています)を選びましょう。

これを選びました。ずっしり300gくらいあります。

結構「芯」がデカイ。アルミ箔で乾燥防止ですかね? それとも崩れ防止?

アルミ箔を取ってみました。このままじゃ食べずらいので、、、、

バラバラにして食べ進めます。これ、ミュンヘンのとは比べ物にならないくらい美味しくなってる! たぶん昔はこうじゃなかったと思いますが、ずいぶん食感も柔らかく、美味しく感じます。ただし日本のバウムクーヘンのようなしっとり感はありません。

 

Konditorei Rabien

ベルリンには2大老舗バウムクーヘン屋さんがありますが、もう1店がこちらの「Konditorei Rabien(ラビーン)」。1878年創業で、日本語サイトもあります(www.rabien-berlin.de/jp/index_jp.html
住所:Klingsorstraße 13, 12167 Berlin, ドイツ

こちらも、こんな感じで量り売りになっていますので、お好きなサイズをどうぞ

こちらのバウムクーヘンは、触った感じからしてガチガチのハード系。

切り分けるのも力が要ります。ミュンヘンで食べたような食感に近いですね。味は悪くないですが、、、ブーフヴァルトの方が日本人向きな気がします。

 

Konditorei G.Buchwald(公式サイト)

 

 


 - ヨーロッパ , , , , , , , , ,

ad

ad


  関連記事

ノルウェー オスロのオペラハウスが見える「コンフォート ホテル ボルスパーケン」からの風景

  ノルウェー オスロには2007年に完成したオペラハウスがありますが …

チェックポイント・チャーリー

  第二次世界大戦後の冷戦期に、東ベルリンと西ベルリンの境界線上に置か …

ベルリン:フリードリヒスハーゲンから88系統の路面電車に乗る。駅舎も素敵でした。

  ドイツの旧東ベルリン地区の88系統トラムに乗ってみました。時間が無 …

ドイツ・ベルリン、ソニーセンターのリンデンブロイでビール三昧!

  ベルリン ポツダム広場のソニーセンターに入っている、有名なレストラ …

JAL:日本航空のヘルシンキー成田便の機内食の様子 #Boeing 787-8

  こちらの「JAL:日本航空の成田ーフランクフルト便の機内食の様子」 …