アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

岡山の定番おみやげ「きび団子」の老舗二店舗の秘密 #広栄堂武田 #廣榮堂本店

   


 

岡山旅行をしたら、当然買うお土産の筆頭は「きび団子」ですよね? 非常に多くの「きび団子屋さん」があって迷ってましたが、どうせなら元祖のお店が良いと思い、店員さんに聞くと、「うちが一番古いです」と教えてくれた廣榮堂本店の方。で、調べると、、、、老舗が2店舗ある謎の状態。
※老舗の広栄堂武田がパッケージをリニューアルしましたので追記しました。



 

沿革

創業の地に並ぶ、廣榮堂の2社。左側が「株式会社 広栄堂武田」右側が「株式会社 廣榮堂」です。

どちらの会社も沿革をホームページに載せていますので、それを見る限りでの判断になりますが、おそらく以下の感じ。

安政三年(1856年)に初代 武田半蔵が「廣榮堂」を創業。
昭和20年6月29日岡山大空襲で家屋敷は灰燼に帰し開店休業状態。
昭和26年に武田貞子が(資)広栄製菓を設立。後の株式会社廣榮堂に。
昭和31年に広栄堂武田の商号登記(先に廣榮堂を登録されたので広栄堂武田にした)

ってことで、安政三年に創業してずっと仲良くやってきたが、太平洋戦争のどさくさに紛れて、広栄堂武田は地味に営業中だったのに、株式会社廣榮堂が勝手に独立したってことだと思います。

実際に商標なども「広栄堂武田」が持ってますので、こちらが正真正銘の本家なんでしょうね。

ちなみに元銀行マンの社長が経営する「株式会社廣榮堂」はビジネスが上手なので、社員も多く、五味太郎さんのデザインを導入するなど派手にやってます。駅ビルにも入ってるしね。本家の「広栄堂武田」は社員数も少なく地味にやってますから、目立たない、、、。


老舗2店舗

広栄堂武田

まずは本家のほうから。
住所:岡山県岡山市中区中納言町7−33

店内に入ると、沢山の「証拠」の品々が、、、。

鳥居の柱が1本展示されていました。これも証拠の品だそうです。

てか、証拠品とか説明とか多すぎ!

新聞風のチラシまで作られてました。まぁ、オリジナルのツラさですかね、、、。

入店したら、お茶菓子で丁重におもてなし頂きました。

ってことで大量買い。

きなこきびだんご

もち米が主原料。その分硬くなってしまうので、乳化剤が入ってるのかなー?

蓋を開けても「元祖の証」…。

包みはシンプルですよ。奇抜なデザインで気を引いたりしない。

うん、おいしい。少ししっかりした触感ですね。

ちなみに岡山銘菓はもう1つ、むらすずめ。

こんな感じですが、、、、

すっかすかの、どら焼きって感じでしょうか。

広栄堂武田(リニューアル!)

地味な印象で分家よりも特別な志向に感じていたのですが、とうとうパッケージをリニューアルしてしまいました。

しかも10個入り→9個入にダウンスケール、、、。中身のお味は同じ感じで安心でしたが。

原材料に変わりは無いようです。

イラストレーターのNoritakeさんによるものだそうです。

廣榮堂本店

分家(?)したほうの株式会社廣榮堂。

こちらでも、お茶菓子で丁重におもてなし頂きました。

きび団子の試食も沢山ありました。
勇気を振り絞って、「お隣との関係は、、?」って店員に聞いたら、「別のお店です。関係はありません」とキッパリ。

とりあえずこちらでも購入。五味太郎デザインで、お土産にはいいパッケージですね。

1つ1つ顔が掛かれています。

ちょっと柔らかいかな。砂糖が主原料だからかもしれません。

元祖じゃない元祖が出す元祖。

中身はこんな感じで、、

これ。歯ごたえあって美味しい。

海塩味

白桃味

他にも、ほんころ餅なんかがありました。

原材料はこんな感じ。

あんころもちですね。



他のお店

いや、もう、町中きび団子屋さん、特に駅ビルにはすげーいっぱいある。

あちこちに移動販売所もでてますし、買おうと思えばどこでも買えるくらいです。

山方永寿堂

折角なので老舗以外も買ってみる。「山方永寿堂」は昭和21創業で、きび団子しか作ってない本気のお店。案外こういうところっておいしいんですよね。

主原料は砂糖ですが、、、。

パッケージが可愛い。

うん、普通。

金扇堂

続いて、「株式会社 金扇堂」。個人商店っぽいですね。創業不明です。

金萬堂本舗

似たような名前ですが「有限会社 金萬堂本舗」。こちらは「きび田楽」。きび団子じゃないです…。

広島に同じ名前の会社がるんですが、関係あるんですかね?

スティックタイプはこんな感じ。

黒蜜付きタイプは、、、

こういう感じ。おいしいですよ。



カモ井加工紙株式会社

マスキングテープ発祥の地は、岡山倉敷! カモ井加工紙株式会社さんですね。お土産にどうぞ。

吉備津神社や、吉備津彦神社にも参拝しましたし帰ります。
帰りの新幹線では、岡山づくりの一番搾りと、岡山白桃のチューハイ。そしてセブンイレブンの「ツナマヨネーズ 味付のり」。関東では見ないですよね、味付のりバージョン。おいしいです。

 

 


 - グルメ , , , ,

ad


  関連記事

横浜インターコンチネンタル:ラ・ヴェラのランチブッフェ(実食編)

  横浜市にあるインターコンチネンタルホテル。その中のイタリアン・レス …

伊勢原のデカ盛り専門店「麻釉(まゆ)」 #とんかつ

  デカ盛りメニューのあるトンカツ屋さんが伊勢原駅近くにあります。昭和 …

親父の製麺所で本場さぬきうどんを使った台湾風まぜめんを試す

  台湾風のピリ辛まぜめんは、ラーメン風の麺を使ったものが多いですが、 …

関内のよりみち酒場と缶詰バーをハシゴ

  やきとり屋台(オブジェ?)のある居酒屋で腹ごしらえしてから、近くの …

横浜高島屋かながわ名産展で行列必至の埜庵(のあん)で頂く「彩りかき氷」

  鵠沼海岸駅近くにある、1年を通じて行列必至(休日は5時間待ちもある …