アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

新幹線京都駅の売店で販売の「ヤマト柿の葉すし」は元々給食を作っていました。

      2019/09/05


 

新幹線京都駅では、柿の葉すしといえば「ヤマト」さんみたいですね。あちこちの売店で売られています。
調べてみると、元々給食屋さんで、やっぱりこちらも、「ゐざさ」と同様、「美味しい御飯」が基礎になっています。



ヤマト

昭和44年に「ヤマト給食」として創業して、昭和51年からは柿の葉すしの販売を始めています。それでも40年経ってますから十分老舗だと思います。

ということで、1パック購入。

箸もちゃんと入っている、、、。

説明書き。



実食

こちらは1つ1つラップはされていません。殺菌力のある柿の葉だから、大丈夫なんでしょうね。

さけ。ほぼスモークサーモンなサケ。
酢飯はねっちょりしてて苦手な感じ。甘さは控えめだが、酢飯感も控えめですね。

さば。少し苦味がある鯖ですね。でも、切り身は大きくて好きです。

ヤマト(公式サイト)



オマケ(駅弁編)

柿の葉すしだけでは、ちょっと物足りない(と思った)ので、お弁当も購入。

淡路屋さんの「京都牛膳」。京都の伝統の薬味「原了郭・黒七味」が付録していて、味に期待が持てます。

開けてみました。黒七味は別添えですね。

パラパラと黒七味をかけて頂く。
いや、これ、、うんまい。冷めているのに、お肉も美味しい。京漬物『すぐき漬』も添えられてアクセントになっています。
なにしろ、淡路屋さんは明治三十六年創業の老舗弁当屋さんですからね。さすがです。

淡路屋(公式サイト)

 

 


 - グルメ , , , , , , ,

ad


  関連記事

1キロまで大盛り無料!秋葉原限定の日乃屋カレー

  日乃屋カレーといえば、2012年の神田カレーグランプリで4位、20 …

新大久保「珈琲豆林 コーヒードリーム」のコン・ユ焼き

  新大久保と言えば、インド系(ネパール系?)のお店も多いですが、やっ …

酒蔵の一角にある蔵元ショップ「セラ真澄」で日本酒の試飲ができる

  長野県諏訪市にある、日本酒「真澄」で有名な宮坂醸造株式会社に行って …

中目黒ひつじ+Cafe Carat

  中目黒、目黒川の桜の花見をしながら見つけた、新しいジンギスカン屋さ …

山本屋本店の味噌煮込みうどんを栄本町通店で食べてきた

  先日、チャンスがあり、山本屋本店の味噌煮込みうどんを栄本町通店で食 …