アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

タイ・パタヤにある「サンクチュアリ(聖域)」とサグラダファミリアの類似性

   


 

タイ・パタヤといえばビーチリゾートだったりウォーキングストリートなどの印象が強いですが、大型の施設(今回ご紹介のサンクチュアリもそうですが)がいくつかあります。とにかく規模がデカいのが特徴です。特にこのサンクチュアリは「アジアのサグラダファミリア」と言われているそうで興味がありました。



サンクチュアリ オブ トゥルース

この日もGrab Taxiを使ってここまで来ました。入り口が凄い立派!
住所:206/2 หมู่ที่ 5 ถนน Pattaya-Naklua, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ

入ると右側にTICKETブース。ところが、例によってGrab Taxiの運転手が付いてきて、「こっちじゃない、、」と、、、

こちらのAGENTブースに連れていかれます。

ここでチケットを買え、と。

価格表を見せられる。確かにTICKETブースと変わらない。オカシイ。

気持ち悪いので、TICKETブースに戻って購入しようとすると、AGENTブースなら安い!と言い始める運転手。

結局450バーツで購入しました。なるほど、やはり運転手にキックバックがあるんですね。(ゴネたのでキックバック分を割り引いた訳です)

ちなみにオンライン(公式サイト)で購入しても450バーツでした。(クレジットカード決済です)


入場

さて入場券を買いましたので入場です。広いな、、マジで広い、、、。

特にゲートもなくスルーで入れる敷地、、、。地元民も普通に入ってるので、これもまた「例によって地元民無料、外国人料金有り」ですね。

さらに奥に進むと、どうやらここから階段を降りる様子。

順番待ちしてるので、ツアー客なのかな? と思ったら、、、

なんとこの時間しか人を入れない、、と。つまり入場規制ですね。

いやぁ~、30分待ちかぁ、、、って思ってたら、「次どうぞ~」とどんどん通す。意味が分からない。緩すぎます。

ただし「ヘルメットをかぶれ」と手渡される。(あとで理由は分かりますが)

さらに、ずんずん奥に進みます。

途中、こういったオブジェもあったり、

哺乳瓶をつかったヤギのエサやり体験や、、、

その他アクティビティが盛りだくさんですよ。

あ、、、バナナ100バーツって、、、、

やっぱり象。

モーターボート体験まで。もう何でもアリや!



サグラダファミリア似

こちらが「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」。うむ、、どの辺りがサグラダファミリア似なの??

正面から再撮影。うーーん、幅は約100mもあり、すごい巨大な建物であることは分かりますが、、

よく見ると、これ全部木造ですね。すごい、、。石造りのサグラダファミリアとは違いますが、建設中という意味では似てますね。

遠景も美しい。

rentry

技術保護の意味

タイ国政府観光庁の際との説明によると「1981年8月13日より35年以上を費やし、未だ建設が完成せず現在進行形で進められている建築物で、チーク材やハード材等を使用し古典芸術、彫刻、技術保護を目的としています。」とのこと。

なるほど。床板も含めて、徹底的に木造ですね。

中も木造にしては非常に天井も高く美しい。

ところどころ足場が組まれていて、建設中であることが分かります。なのでヘルメット必須なんですね。

中央には祭壇?がありました。

と、、神聖な所かと思えば、撮影スポットが併設。しかも有料! 1人100バーツ。衣装を借りるなら1名300バーツ。いい商売しておりますな。

で、この建物は鉄骨ベースかと思いきや、本気で木造です。梁が若干適当な気もしますが、、、。

美しいのでOKです。

建造物フェチには堪らない建物だと思います。



芸術保護

古典芸術も保護する目的があるそうで、定期的に広場で舞踊などが行われていました。

もちろん終われば写真撮影会。もちろんチップ必須。

と、奥の建物の入り口にパンフレットを発見。今更、、、。でも日本語ないんですね。

彫刻技術保護

ミニチュア(と言っても3mくらいありますが)もありました。

帰りのルートは製造現場を通るようになっていたのですが、

すごいな、本気で彫ってますよ。ノミとトンカチで、、、。

丸太からスタートする気長さ!

こんな道具だけ(電動系のものは無さげ)

ここまで掘り進める。



帰りの足

あ、猫が落ちてる、、、。

生きてた!

さてと帰りもGrab Taxiを呼びます。しかしゲート付近でたむろする、タクシーマフィア。

なんとこんな看板もありました。「All right reserved not allow Grab Taxi Service here we have Taxi service on Fair Prices」って書かれていて、「すべての権利を予約し、我々は公正な価格でタクシーサービスを持ってここにグラブタクシーサービスを許可しません」とのこと。サンクチュアリの署名はないので勝手にタクシーマフィアが設置したんでしょうね、、、。怖いわ。

テンソーも居ますが、、、。で、Grab taxiからショートメッセージ「トイレに行くふりをして、駐車場に来てくれ」と。ってことでトイレに向かうとタクシーマフィアが付けてくる、、、。監視してたんですね。あえなくGrab taxiは追い返されて、「タクシーを使え!」と。

ま、そういうの嫌なので、サンクチュアリを出て、目の前のコンビニで再度Grab Taxiを呼ぶ。ここはサンクチュアリの敷地外ですからね。ほどなくしてGrab Taxiに乗車。無事ホテルに戻れました。

 

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(タイ国政府観光庁)

 

 


 - タイ ,

ad


  関連記事

セントラルワールドのフードコートでトムヤムクン麺を食べてみる #バンコク

  先日のサイアムパラゴンのフードコートに比べると中規模クラスになりま …

タイ・アユタヤ遺跡。ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra Srisanpet)(前半)

  タイ・アユタヤ遺跡。ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra …

バンコクからバス1本で行ける「タリンチャン水上マーケット」で焼きたて食パンを食べる

  バンコクは観光スポットが多い割には、交通の便があまりよくないのと、 …

ぼったくりタクシー対策にバンコクのGrabで寺院巡り

  多分、一生改善されないんだと思います「タイのぼったくりタクシー」。 …

第1回タイフェアが芝浦で2015年3月28日(土)にホテルJALシティ田町で開催されます

  第1回タイフェアin芝浦2015が、2015年3月28日(土)09 …