アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

2018年版ドイツ・ベルリンのクリスマスマーケットを7箇所ご紹介 #グリューワインカップ

      2018/12/25


 

先日は横浜赤レンガ倉庫で開催のクリスマスマーケットに行ってきましたが、実はその前にドイツ・ベルリンで開催されていた本場の「クリスマスマーケット」を体験してきました。ドイツでは100箇所以上のクリスマスマーケットが各地で開催されていて、広場があれば「クリスマスマーケット」っていうくらいこの時期はアチコチでの開催となります。
そのドイツのなか、旧ドイツの首都だったベルリンの7か所のクリスマスマーケットを回ってきました。



 

地図で確認


右のほうに固まっているエリアが、ベルリンのアレキサンダー広場周辺です。ベルリン・テレビ塔があるなど、ベルリンの繁華街になっています。
その周辺で歩いて行ける範囲に3か所、電車・バスで移動する4か所をご紹介。
基本的にクリスマスまでの終日開催ですが、土日のみの開催もあるので、日程には要注意です。

ドイツ語の「Weihnachtsmarkt」がクリスマスマーケットの意味ですので、Googleマップで検索してみてください。

 

アレキサンダー広場

回転木馬のようなものが設置されているアレキサンダー広場。その後ろに写ってるのはテレビ塔ですね。テレビ塔に上がるとベルリン市内が一望できますよ(テレビ塔についてはこちらの記事参照)。

World Time Clockも有名ですね。ウーラニアー世界時計というそうです。

もう一つ名物なのがホットドックの立ち売り。「ザ・グリルランナー」って言います。極寒の12月でも頑張ってました。1.7ユーロ(200円くらい)ですが激うまオススメです。

前置きが長くなりましたが、アレキサンダー広場のクリスマスマーケットです。

さすが繁華街にあるだけあって、混雑度合いがすごい。入場無料で「通りすがり」の人も多いからでしょうね。

クリスマスマーケットは、飲食店+販売店+遊具+スケートリンクだそうですが、ちゃんと遊具もありました。

スケートリンクも完備です。

マジパンやシュトーレンも売ってる。

やっぱりマトリョーシカもある!

レープクーヘン。ドイツの伝統菓子ですね。はちみつやスパイスがタップリ使われたクッキーで。要はお菓子の家の材料です!

グッズ類も普通に売ってますよ。

グリューワインカップが目当てのクリスマスマーケットですが、初訪問のこちらではゲットしませんでした。ガラスコップなのは、まぁ良いんですが、2018年の記載が見当たりませんでしたので、なんとなくゲットせず、、。

代わりに、カレー風味の超いい匂いがしていた、こちらの屋台で腹ごしらえ。

カリーブルスト+マカロニ。すごいボリューミー! 超大盛り! んーと、松屋の牛丼大盛くらいのサイズです。ただし9ユーロしました。1200円くらい。高いわ、、、。美味しかったけど。



Berliner Weihnachtszeit

大型の観覧車が目印の、Berliner Weihnachtszeitのクリスマスマーケット。かなり広めの広場を使っています。左側のテレビ塔の前にあるのが聖マリア教会です。

昼間に行ったので、ちょっと雰囲気がイマイチに感じますが、活気はありましたね。

ここの遊具はかなり本格的。大型観覧車だけでなく、こういう、ブランコ?もあります。

クリスマスツリー用の飾りつけ。手作りらしく、すごく高い!1つ2,000円くらいします。

スノードームは買いましたが、、、。これなら1つ3ユーロ。500円くらい。

エスキモーみたいな人が、その場で作って販売しているアクセサリーショップもあったり、、、。

サーモンの丸焼き屋さんもありました。

大量に煮ていたのは、ケールの煮込み。これをドサッと皿に盛って、ソーセージ1本添えて、モリモリ食べてました。

さすがにそんなにケールは食えないので、こちらのバーベキューグリルで、炭火焼している、、、、

巨大ハンバーグにしてみました。パンが小さいのではなく、肉がデカいんですよ。400gくらいかな、、、。ちょっとしょっぱかったですが、肉々しくて食べ応えありました。

あと、お土産用に、シュトーレンを購入。

ん?なんか違う? フルサイズで2キロぐらいあるので、半分のサイズを購入しました。12ユーロくらい。

最後はグリューワイン(ホットワイン)ですね。ただのホットワインじゃなく、スパイスが沢山入ってて身体が温まる効果があるそうです。

こちらのグラスは、場所と年号が入っているので購入。購入というかグラス代のデポジットがあるので、グラスを返せば返金してもらえるのですが、そのまま持ち帰ればデポジット代で済むわけです。ワイン代2ユーロ、カップ代3ユーロでした。

シーライフセンターにはホテルロビーの中央に大型の水槽が入ってるので、見るだけでもオススメです。見るだけというかカフェ利用が条件になるので、どうせなら、シーライフセンターの入場料を払って、水槽の中に入るのも良いですね。



Umwelt- und Weihnachtsmarkt

こちらはGoogleマップに自動的に出てきました。広場ではなく道路を利用しているため、土日のみの開催です。

おー、いい雰囲気。普段からレストランや、各種ショップが立ち並んでて、オシャレな通りですね。

他のクリスマスマーケットと違い、飲食店が少なく、グッズショップが多いですね。

お菓子類は結構ありましたけどね。ここは生チョコ。買っちゃいました。

グミかな?

もちろんグリューワインもあります。

マグカップが可愛い! しかし残念ながら年号は記載されていませんでした。

そういえば、最寄りのHackescher Markt駅でもクリスマスマーケットが開催されてました。こちらも土日のみの開催でした。



LUCIA-Weihnachtsmarkt

こちらは終日開催なのですが、営業時間が午後から、、。昼間しか行く時間がなかったので、見るだけ見にきました。Eberswalder Straßeから徒歩5分ほどです。

もちろん、営業時間前なので、クローズ状態、、。

ここには、この暖房装置があるってことで来てみたのです。

「暖房機付きの防寒具」があるんです。[die mantelheizung]=[the jacket heating] 。体験してみたかったのですが、時間が合わず残念、、、。



WelhnachtsZauber

ベルリンで(たぶん)唯一の入場料が必要なクリスマスマーケットがこちら。入り口(3ヶ所?)に警備員が控えていて、荷物チェックもあります。

入場料は1ユーロ。平日の昼間11時~14時は無料で入れますがそれ以外はお金払いましょう。チケットは回収されないので記念に持ち帰れます。ちなみに荷物チェックでペットボトルの水は廃棄させられました。

中はちょっと狭めの通路に、ぎっしりお店が出ています。大規模会場ですからね。

ここは、「クリスマスマーケットらしい」写真が撮れる良い場所です。

チーズが沢山売ってる場所でもありますが、乳製品なので日本に持ち込めない、、、。

ってことで、ピザにして食べるか、

ラクレットチーズのように、じっくりじっくり焼いて、、、

サラミ乗せて食べます。(これ美味いです)

ポテトスライサーという新兵器を始めて見ました。

バウムクーヘンもお土産に買っておきました。

アクセサリーも綺麗でいいですよね。

で、グリューワイン。さすがに大規模会場&入場料を取るだけあって、2種類のマグカップを取り扱ってました。

こちらの店舗では左の赤いカップ。右側のカップのお店もあったので両方ゲット。ちゃんと年号が書いてあります。



Winter World on Potsdamer Platz

ソニーセンターの近く、ポツダム駅に来ました。ここのクリスマスマーケットは浮き輪?で滑る滑り台があります。もちろん有料ですが、、、。

すごい人出、、、。ポツダム駅やソニーセンターが近いからですかね? オフィス街っていう理由もあるのかもしれません。

巨大なリンゴ飴(チョコですが)

うわぁ、ドアノブだけ売ってる。すごい。使い道無いけど欲しくなる!

ベルリンの老舗スリッパはこれかな、、、。時間が遅くて買えませんでしたが、、、。

ARKADEN(アーケードっていう意味)のデパート。

中がすごく綺麗です。

Marlene-Dietrich-Platz。階段状になってる広場。大きなクリスマスツリーがありました。

最後におなかすいたので、ホットドック買ってみました。バリバリの皮でうまかったです。というかドイツのソーセージでハズレは無いですね。絶対うまいです。



Charlottenburg Palace Christmas Market

最後のご紹介ですが、ベルリン市内から随分遠い「シャルロッテンブルク宮殿」の会場に向かいます。ここが最大規模ですかね。遠いですが絶対行くべきです!

SバーンのCharlottenburg駅からバスで行きましたが、ホント遠いので、UBerかタクシー使ったほうがいいです、、。

凄い規模でやってる会場に着きました。

入場無料ですが、警察が全体を警備していました。

メイン通路は広い。

何本も路地があり、お店がビッシリ立ち並んでいます。

えーーと、、天使も3人いました。

左奥には遊具もありました。無料でした。

メイン通路の一番奥には、屋根に上れるところがあり、展望台になっていました。

おー、いい写真撮れますねぇ。

他のクリスマスマーケットと違い、テント形式なので透過照明が美しい。

シャルロッテンブルク宮殿がプロジェクトマッピングされてました。

その周りにもお店があり、こんなクリスマスツリーのグッズを購入しました。(手前のツリーっぽい、白いのと緑の)

ここのグリューワインはマグカップが独特のデザインです。3つも持ち帰ってきましたが、一番左のは昨年の残りの2017年版でした。

今年は行けませんでしたが、ダーレム植物園でも大規模なクリスマスマーケットが実施されていました。

 

グリューワインカップ

集まりました。7個!

全部同じメーカーの特注カップでした。(ドイツ語ですが公式サイト(www.mohaba.de)に詳細があります)

 

 


 - ヨーロッパ , , , ,

ad


  関連記事

ドイツ・ベルリンのポツダム広場にあるソニー・センターを見学

  ソニー好きとしては外せない聖地(だった)のポツダム広場にあるソニー …

「ノルウェー王宮」からオスロを一望

  ノルウェー王宮が、オスロー市内にあるとのことでちょっと見てきました …

ノルウェー オスロにある建設費600億円のオペラハウスの屋根を歩く

  とにかく豪華なオスロのオペラハウス。公演が無い時も自由に「屋根」に …

ドイツ・ベルリン、ソニーセンターのリンデンブロイでビール三昧!

  ベルリン ポツダム広場のソニーセンターに入っている、有名なレストラ …

チェックポイント・チャーリー

  第二次世界大戦後の冷戦期に、東ベルリンと西ベルリンの境界線上に置か …