アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

信濃屋プラスの鶏だしスープ

   


 

創業70年以上を誇る、東京都内の鶏肉専門店「信濃屋」の実質2号店として「信濃屋+」が2018年7月にオープンしてました。



信濃屋

超有名な信濃屋さん。五反田の住民だけでなく、ビジネスマンにはランチで有名ですね。
住所:東京都品川区西五反田1丁目13−1

ランチの少し前ですが、お客さん多いですね。

ランチと言っても、弁当ですけどね。鶏肉を買う場合は、ここじゃなくて、左脇から奥に進みます。毎朝解体している新鮮さがウリです。

ど定番の唐揚げ弁当がこちら。玉子も入ってるのがホッコリします。唐揚げも下味が付いててジューシーで美味しい!

信濃屋+

オシャレなビルの1階。もしかしてこのビルも信濃屋さんの所有なのかな、、。
住所:東京都品川区西五反田1丁目11−5 1F

当日のメニューは立て看板があるので目印になります。

寒くなってきたら、「お鍋」というキラーワード使い始めました、、、。なるほど、鍋か、、。

とにかくオシャレで、鶏肉屋さん(の支店)とは思えない雰囲気。ブランコとか要らん気が、、、。

この日は、こんなラインナップ。日替わりや週替わりがあるので、組み合わせ多数ですね。見本は3種類のサイズの紹介。Mくらいがちょうど良さげですかね。

スープだけでなく、セットものがあります。御飯、パン、鶏おこわで、お値段変わります。もちろん、出汁だけでも買えますので、これで鍋もできますね。

スープ以外にもお惣菜がいくつか。基本は女子目線の「ランチ」だと思うと、納得できるラインナップです。

隅々までオシャレですし、がっつり「大盛りね!」とか言える雰囲気はありません、、。

でも、本店とおなじ、ヤカンのお茶があったりして、このアンバランス感がいいですね。



実食

こんな感じのセットになりました。ちなみに無添加(着色料・化学合成食品添加物未使用)なので、いわゆる化学調味料味のスープではないという期待があります。

スープだけじゃ足りなそうだったので、信濃屋本店 もつ煮込みと、ライスも付けました。

スープは「ゆず香る 鶏ももxむね肉の大根きのこスープ」です。

具沢山だしオシャレなのに、きっちり鶏味?が濃くてうまいです。

御飯が進みます。

こちらの、もつ煮込みは、もっとガッツリ濃い味で、、、もっともっと御飯がすすみました。美味しゅうございました。

余り行くチャンスはありませんが、軽くランチを、、、って人にはお勧めです。

 

信濃屋+(公式サイト)

 



 

 


 - グルメ , ,

ad


  関連記事

卸直営店の岩崎塾の赤身盛合わせ380gはこんな感じでした #大阪 #焼肉

  激安の街大阪(イメージ)。確かに安いうどん屋さんは多く見かけますが …

名古屋飯の老舗居酒屋「伍味酉」で、手羽先、味噌串かつ、味噌おでん、味噌煮込みうどん、天むす!

  創業1956年の名古屋名物の元祖居酒屋「伍味酉 本店」に行ってきま …

ドラゴンフルーツの正しい食べ方

  ベトナムのホーチミンに行くと、さすが南国、フルーツが沢山売ってます …

カルディの火鍋の素と沙茶醤 (サーチャジャン)を実食

  行くと色んなものをうっかり買ってしまう、カルディコーヒーファーム( …

たぶん本家?陳麻家1号店の東五反田で食べる「陳麻飯」

  以前、陳麻家 初台店で食べた「陳麻飯」ですが、どうやらフランチャイ …