アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

自力で行くことはオススメしませんが、、、バンコクの願いを高速で叶えてくれるピンクガネーシャに会いに行く(ワットサマーンラッタナーラーム)

      2019/10/29


 

(2ページ目)絶対ローカルツアー使った方が良いですよ。なにしろ、願いを高速で叶えてくれる巨大なピンクガネーシャですからね、サクッと行って、サクッとお願いしたほうが簡単です。
でも、苦労したほうが有難味がある気もするので、、、ローカルバスを乗り継いでピンクガネーシャに会いに行ってみました。自力で行きたい方は参考にしてみてください。(2017年5月時点の情報です)



Wat Saman Ratanaramに到着

ふー、1時間近く揺られて死にそう、、、。やっとWat Saman Ratanaramに到着しました。30バーツを運ちゃんにお支払いします。

気温はバンコク市内より暑くて、36度もある。(時間帯の問題かもしれませんが、、、)

パクリ人形たちがお出迎えです。絶対許可取ってないよね??

ソンテウを降りたところが帰りの乗り場なので忘れないように。帰りはこの時間帯をみて決めましょう。乗れなければアウトですから。

辺りは市場状態なので、そのまま奥に進んでいきます。

この黄色い建物を過ぎて左に向かうと、、、


ピンクガネーシャ

ピンクガネーシャが見えてきました。すげーデケぇ、、、。ちなみに入場料などはありません。無料です。

そのガネーシャの1階部分は、仏像が30体ほど彫られており、タンブン出来るようになってますし、さらに中に入れるようになっています。

祈祷所かと思ったら、お土産屋さんでした。凄まじくエアコンが効いてるので気温差にご注意を。

ピンクガネーシャのすぐ脇には、別のお土産屋さんもあります。こっちの方が沢山お土産がありました。

正面に回ると、わぁ、態度でかい! よく見ると右の牙は自分で折って左手で持ってたりします、、、。



お祈り方法

願いを高速で叶えてくれると評判のピンクガネーシャですが、その「願い」は廻りに仕えている「ネズミ」にお願いを伝えていきます。

本来はこういった、黄色や、

その他沢山いるカラフルなネズミ、自分の生まれ曜日に対応した色のネズミに、お願いします。

日曜日:赤
月曜日:黄色
火曜日:桃色
水曜日:緑色
木曜日:オレンジ色
金曜日:青
土曜日:紫色

なんと外務省のホームページにありました。自分の生まれ曜日はこちらのサイトで分かります。

でも、現在はピンクガネーシャの方を向いている、白ねずみ2体にお願いするのが主流になっているとのこと。ちなみに白ねずみは本来は「金運」にご利益があるそうですが、お願い事はなんでもありだそうです。
お願い事は、靴を脱いで、ステップに上がり、このように反対側の耳をふさいで、ごにょごにょ言います。ちゃんと耳の穴も開いてますので、しっかり伝えましょう。(左右どちらでもOKとのこと)

最後に足元にある募金箱に「タンブン」して終了です。



散策

あとは適当に散策して帰ります。ま、他に特に見るべきところは無いんですが、実はガネーシャ以外も9個のパワースポットが密集していて、色々お願いするのもアリです。

ガネーシャっていうくらいなので、ヒンドゥー教なんですよね? お釈迦様もいらしゃるし。

ドラゴンボール持ってきてくれそうな龍もいます。

パクリ人形もめちゃくちゃ沢山。

 

市場で買い物

あとは帰りのソンテウの時間まで市場を散策。これは何だろう?笹の葉っぱで何か焼いてる?

魚は干物みたいですね。

ジュースもいろいろ。20バーツか、、。観光地価格ですね。

お、、キンキンに冷えたシャーベットみたいなものが、、、

1つお願いすると、じゃばーーーっと注いでくれました。

これね。甘いアイスティーみたいな、、なんかの果実のジュースかな? 20バーツでした。

こちらは15バーツの串焼きみたい。

これ。おもったより小ぶりでした。

おーー、さつま揚げみたいな感じですね。うまい。

これも焼きものかな。キャベツも付いてくるみたい。

買ってみました。量によって30,40,50バーツでした。一番小さい30バーツでこの量。

ニラをぶっ刺して、食べていきます。

あら、中身はモチ米でした。表面はネッチョリした「何か」でコーティングされてますが、キャベツと交互に食べると病みつきになります。

 

帰ります

シクロみたいな自転車も乗れるのかな、、、

こう見えて「三菱ホンダ」製ですよ!!!

ソンテウきました。ガラガラで良かった。約30分おきに出るのでタイミングがあえば、ノンビリ(ただしかっ飛ばしますが)帰れますね。

ただしエアコンは無いですけどね。

しかもこのソンテウ、足元にスペアタイヤが放置されてる、、。「邪魔!」

そして、Chachoengsao Provincial Transport Stationまで戻ってきました。

ここでバスに乗り換えて、バンコク市内に戻ります。ってチケットはどこで、、?

これか、、。2番窓口でEkkamai行きのチケットを買います。expressバスを買いましょうね。

帰りも99バーツ。それにしても年号が2560年なんですけど、、、。調べてみると「仏暦(仏滅紀元、タイ暦)」と言うそうで、釈迦が入滅された翌年から数えているとのこと。西暦2017年=仏暦2560年です。

 

高速バスに乗る

もうこれで市内戻れる。寝て帰るかな、、って思ったら、、、

直ぐに給油タイム。みんな降りろと言われ降ろされる。そして皆さんセブンイレブンへ。

戻ってきたら、荷物と乗客が増えてる。絶対チケット買ってないよね? なんか運転手と交渉してましたが、、。とりあえずギューギュー状態で高速をかっ飛ばして帰りました。

バスターミナルに到着。お疲れさまでした。

交通費は、BTS代+バス代99バーツ×2+ソンテウ30バーツ×2=約300バーツ。約1,000円の旅でした。
ローカルツアーだと日本語通訳付きで1,800バーツ(約6,200円)くらいですね。

バンコクパワースポット観光ツアー☆巨大ピンクのガネーシャ+レトロな101年市場<午前・土日限定/往復送迎/日本語ガイド>

 

タイの観光&アクティビティ&グルメ予約

 

 


ページ: 1 2

 - タイ , , , , , , ,

ad


  関連記事

サイアムパラゴン「Nara Thai Cuisine」はちょっと高級。#トムヤムクン

  サイアムパラゴン(Siam Paragon)の中にある、ちょっと高 …

バンコク・スワンナプーム国際空港からMRTに乗り換えたいのでミニ・プリペイドカードを購入してみた

  バンコク・スワンナプーム国際空港から伸びるAirport Rail …

タイの定番料理「パッタイクンソット(生エビ焼きビーフン)」を市場で食べる

  Silom Square Food Center(シーロムスクエア …

パタヤの水上マーケットは常設店舗がメインだった件 #バンコク #タイ

  パタヤのウォーキングストリートからタクシーで20分ほどの所にある「 …

足がすくむ高さの「CRU Champagne Bar」で360度の夜景を楽しむ

  タイ・バンコクで屈指の高さを誇るCentara Grand at …