アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

バンコク「カウントダウンクルーズ」で最大の花火を見る。#巨大クルーズ船

   


 

タイ・バンコクで毎年恒例のカウントダウンパーティ。街中で花火が大量に打ちあがります。
ただし、どこの会場でもコンサート(ライブ)が行われるし、ものすごい混雑でギュウギュウ詰めになりますので、巨大クルーズ船でチャオプラヤ川にて花火を見ることをオススメします。



 

巨大クルーズ船を予約

色々な業者で現地クルーズの募集をしていて、現地価格とそれほど変わらず(もともとカウントダウンのクルーズはどこでも高い!)予約できますので、適当に探して予約します。どのみち現地業者に再委託する「代行予約」ですから、どこでも大差ないです。

使用した業者をご紹介しようかと思ったのですが、ミスがあったので秘密にしておきます、、。

どの業者でも絶対必要なのが「紙のバウチャー」です。かならず印刷して持参しましょう。

ちなみに1人3900バーツ(約13,000円)とお高かったです。

 

リバーシティへ移動

多くのクルーズ船は、リバーシティというショッピングモール付近から出発します。しかしここには鉄道がとおっていませんので、何とかしていく必要があります。その交通手段がまた難しい、、。

Google Mapで見てもらうと分かりますが、BTSサパーンタクシン駅から船か徒歩で行く必要があります。今回は少し時間があったので、アイコンサイアム(サイアム高島屋が入っている超高級ショッピングモール)に寄ってから、リバーシティに行くことにしました。
しかしこれが大失敗で、、、。アイコンサイアムでは大ライブイベントを実施していて、人でギュウギュウ詰めでした、、、。かき分けて渡し船の船着き場に向かい、、、

渡し船に乗れました。渡し船は空いててよかった。

ちなみに渡し船は「個人宅」になってて家族が住んでました、、。詮索してはダメですよね。えぇ。

リバーシティで受付

5分ほどで対岸のリバーシティが見えてきました。こちらもデカいモールですね。

リバーシティのGATE1付近にある受付を見つけ出して、バウチャーを提出。

だが、その予約は入ってない、と衝撃の事実を告げられる。しかしスタッフがあちこちに電話をかけまくって「大丈夫、私が席を用意する」と頼もしいお言葉。

出航まで時間が有るので、適当に散策します。こういったカフェで花火を見ても良いのですが、もちろん予約で一杯。

リバーシティ内では、こういうスタッフもいて、該当する自社ツアー客に花をプレゼントしていました。(自分らは違うツアーなので貰えませんでした…)



グランド・チャオプラヤ・クルーズ号

乗船

こちらが乗船する「The Grand Chaophraya Cruise(グランド・チャオプラヤ・クルーズ号)」です。メチャクチャでかい!。有名な「チャオプラヤ・クルーズ号」では乗員290名ですが、こちらは乗員500名です。全長も50メーターありますし巨大です。

乗船時には、アッパーデッキと、ローワーデッキに分かれて乗船です。

ローワーデッキがこちら。要は室内ですね。船首に少しオープンスペース(あとで写真が出てきます)がありますが、ここじゃ花火見れませんしね、、。

上から撮ったので逆になってますが、階段を上りアッパーデッキに行きます。

アッパーデッキ

アッパーデッキの様子がこちら。この右側にステージがあって、無理やり席を増席した感じでしたが、、。

パーティグッズも完備ww

ビールだけは無料でした。それ以外は有料でオーダーです。

ま、ビールでいいんですけどね。

しかし、雰囲気がいい。

横では踊りの披露や、、

歌手が歌ってました。

食べ放題

フードコーナーではタイ料理を中心に、色々としかも大量に取り揃えてられています。

フルーツ類も多く取り揃え。

お寿司もあったり、シーフード中心にたらふく食べます。まぁ深夜ですけど、、、。

せっかくなので、シャンパンをオーダー。

わーい。

サックス奏者がきたり場を盛り上げます。



花火

そろそろ花火の時間(2020年1月1日午前0時)が近づいてきて、船の場所取りが始まります。ちなみに下に写ってるのがローワーデッキ。

結局はサパーンタクシン駅の近くなんですね、、。

大型船が横にずらっと並びます。

小さなクルーズ船も並ぶ。

この規模感も良いんですが、外が見える人が限られる、、、。

カウントダウン開始!

花火

どーーん。

どーーーん!

どーーーーーん!!

花火が終わるとすぐにライブが再開。

若者たちが踊り狂う。



帰宅

タクシーやトゥクトゥクで帰ろうかと思いましたが、全然いないし、めちゃくちゃ高い(ボッタクリ)。

なので歩いてフワランポーン駅まで行きました。

 


 

 


 - タイ , ,

ad


  関連記事

タイの定番料理「パッタイクンソット(生エビ焼きビーフン)」を市場で食べる

  Silom Square Food Center(シーロムスクエア …

タイ:バンコクでは街中で体重を量れます

  気にしてないと気付かないのですが、、、ほとんどのコンビニの前には、 …

テレビ朝日「世界の車窓から」で古都とイサーンの大地を巡るタイ2200キロの旅(4月6日~6月5日放送)

  テレビ朝日系列で放送中の「世界の車窓から」ですが、2015年4月6 …

本場のタイスキが堪能できる「MKレストラン」のパタヤ店の牛肉に驚き

  タイで鍋と言えばタイスキ! 大人数で行かれる人が多いようですね。M …

JAL バンコク路線の往復の機内食をご紹介(エコノミークラス~ビジネスクラスまで)

  珍しくスカイチーム以外のJALを利用してバンコクに行ってみましたの …