アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

ランチビュッフェがメイン?主要6大遺跡全てを周るアユタヤ遺跡1日観光ツアーに満足!

      2018/11/22


 

タイ アユタヤの遺跡が好きで、バンコク旅行をした際にはなるべく行くようにしていますが、今回はローカルツアーを申し込んでみました。あまり期待していなかったのですが、キチンと予定通りの観光をして(平気で予定をカットするツアーが多いんですよ)、ランチビュッフェも美味しくて大満足でした。

スポンサーリンク



 

ツアー詳細

icon今回申し込んだツアーが「アユタヤ遺跡1日観光ツアー 主要6大遺跡全てを周るじっくり観光<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>」です。
icon
iconこのVELTRAさんはツアー申込の代行サイトなので、色々なツアーを探さず、ここだけを検索すれば、(たぶん)最安値のツアーが探せるはずです。
実際に、いくつか比較してみましたが、一番安かったですし、なによりカード決済ができるのがうれしいです。ローカルツアーでは現金持ってきてww っていう場合もあるので困りますし。

・日本人街跡&博物館見学
・ワット・ヤイチャイモンコン
・ワット・マハタート
・ワット・ロカヤスタ
・ワット・プラシーサンペット
・ワット・ラーチャブラナ
・ワット・チャイ・ワッタナーラーム

なんと7か所も回る、盛りだくさんツアーなので、満足感も期待できます。

ちなみにこのツアーは、「基本プラン」と「ベテランガイド確約プラン」があり、当然ベテランツアコンのほうが高く設定されています。でも、ベテランだから上手とは限りませんので、そこは欲を出さずに「基本プラン」で良いと思います。今回も基本プランでしたが、ガイドさんは全然問題なかったですよ。

で、、前日、ホテルに戻ると、扉の下にFAXが差し込まれていました。ふむふむ集合時間の再確認ですね。

 

出発当日

今回宿泊の「NOVOTEL SIAM」に指定の時間に迎えがきました。

しかし!

起きたのは(というかツアコンの電話で起こされたのが)集合時間の5分前。すまん、完全に寝坊。高速、、いや「光速」で準備をして、10分遅れてロビーに到着。ホントすんません。すんません。すんません。

で、マイクロバスに乗車してレッツゴー!

途中、とにかく暇。大体寝ますが、、、。1時間半くらいで最初の目的地に到着。

スポンサーリンク



ワット・チャイ・ワッタナーラーム 

最初の目的地「ワット・チャイ・ワッタナーラーム (Googleマップ)」に到着。今日は予定表とは逆順で回るようです。

ちなみに、今回のマイクロバスはこれ。

有名な遺跡には料金所がある場合が多いです。大抵は外国人のみ有料ですが、、、。

1630年にプラサート・トン王が母親の為に建てたものだそうです。

遺跡の、こういう壁のゆがみとか好きです。

この左の壁もそうですし、、、。いいね。

1767年に侵攻してきたビルマ軍によって、破壊された仏像も、そのまま保存されています。珍しく改修中のタワーが見れました。足場は竹材かと思ったら、鉄パイプでした。

それにしても、女子学生が多いですね。

こちらにも、女子がコスプレして、、。

ガイドさんに聞いたら、以前、人気のドラマで、このワット・チャイ・ワッタナーラーム を舞台にしてて、ここに来たり、コスプレで写真撮るのが流行ってるんだそうです。なので近くには何店舗もの「レンタル衣装屋さん」が並んでいて100バーツくらいで着付けまでしてくれるそうです。

お、猫ちゃん。

スポンサーリンク



ワット・ローカヤスターラーム

「ワット・ローカヤスターラーム(Googleマップ)」の前に陣取る犬さん、、。

寝釈迦像ですね。全長28mもありますが、1956年に復元されたものだそうです。

この像の前には、超小型の仏像もあり、花とロウソクと金箔を20バーツで買って、金箔を張り付けてお祈りします。

さてと次へ、、、。途中、朽ち果てそうな木製の橋がありました。歩道は生きてるのでわたってみたかったな、、、。

 

象乗り体験の希望者がいなかったので、「アユタヤ・エレファント・キャンプ」は素通り。

 

ワット・プラシーサンペット

続いて、ワット・プラシーサンペット (Googleマップ)。毎回ガイドさんが丁寧に日本語で説明してくれるので助かります。

歴代3人の王が眠るタイで最も重要な王宮建物だそうです。セイロン様式のチェディーという仏塔が3つ並んでいます。

左側にある遺跡のさらに左に、、、、

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットがあります。

安置されているのは、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像。皆さん熱心にお参りしています。

お、、リス。その目線の先にはトカゲが、、、。

スポンサーリンク



ワット・マハタート

続いて、ワット・マハタート(Googleマップ)に到着。あー、ここにも自転車置き場が。自転車はホテルでレンタルできるようですね。

無造作にレンガが散乱していましたが、このレンガで遺跡はつくられてるんですかね?

こちらもチケット売り場と、、。なんと自動改札が!(もちろん動いてませんでしたが)

全て首のない仏像が並べられた、衝撃的なエリアを過ぎると、、、

ありました。木の根の間から顔を出している仏像。以前はなかったスノコが敷かれていました。もともと「顔」を上から見下ろさないよう、ということでしゃがんで写真を撮る必要があったので、スノコは大正解ですね。
ちなみに、「顔」がなぜこういう状態になったのか分かってないそうですが、この顔自体は、、、

すぐ隣の仏像の顔だそうです。こちらの仏像には新しい顔をつけたんですって。

壁を支えてますが、いつまでもつのか、、、本格的な改修待ちなんですかね。

ここは「木の根の顔」がメインですが、他にもちゃんと遺跡はあるので、見て回ります。時間も多めに確保されてますから。

ってことで、ジューススタンドで、、、、

マンゴージュースを飲む。約120円。うまい。というか食事前に飲んで失敗した(意外とお腹一杯になってしまった)。

お土産屋さんもありますよ。

トゥクトゥク乗りたい、、、。バンコク市内のトゥクトゥクとデザインが違うんですよね。

スポンサーリンク



ワット・ラーチャブラナ

この「ワット・ラーチャブラナ(Googleマップ)」は、8代王によって1424年に建立した寺院だそうです。

クメール式の仏塔の急な階段を上って行くと、

タイで最古の壁画があるんですが、、、それは地下なんです。上って、降りて、また上って、降りて、、って無理!諦めました。

スポンサーリンク



ランチビュッフェ

ビュッフェランチ?ブッフェ? とにかくランチタイムです。「リバービュー プレイス ホテル(Googleマップ)」はこういったツアーのランチタイムの定番らしいですね。

リバービューっていうだけあって、絶景でしたよ。

とにかく広い会場。ほとんど日本人でしたが、、、。

ドリンクは有料ね。水も有料なので、ビールにしました。

あまり期待していなかった、ツアーでのランチ。しかし、海苔巻きもあるし、

味噌汁もあるし(しかも美味しいし)、

タイカレーは2種類。

たこ焼きの親戚みたいのと、麺コーナー、御飯、チャーハン2種類、御飯のお供、とすごい充実。

唐揚げ、パスタ、タイ料理が7種類。焼きそばもあるし。

サラダの種類も豊富。

フルーツは2種類

なぜかチェーもある。

いただきまーす。美味しい。普通にタイカレーが一番よい。お替りしちゃいました。

川の向こうのお寺「ワット・パナンチューン」では、鯉の餌をあげてました。

スポンサーリンク



ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコン(Googleマップ)にある高さ72mの仏塔は、ビルマ軍との戦いの勝利を記念して建立したとのこと。

中にも入れます。中央にある井戸は、、、

お金を落として運試しができます。

あのバケツに入ると幸運が、、。って難しい!!

こちらにも寝釈迦像が。ちょっと小型ですが、ここの特徴は、

足の裏に1バーツを貼る運試し。いや、、無理、、貼っつかない。

スポンサーリンク



お菓子「ロッティサイマイ」のお店

お菓子「ロッティサイマイ」の製造販売所に立ち寄る。特に買う必要もないのですが、、、。

こういう8割くらい砂糖で出来た、飴みたいな「糸」を、

この皮で包んで食べるものです。

その道路の向かい側には、鯉の餌が売られてました。なるほど、カラフルですねぇ。

スポンサーリンク



日本人街跡&博物館

最後は、日本人村(Googleマップ)に到着。

アユタヤじゃなく、アユチヤなんですね。

鯉のぼりがある。

博物館とか見る。

色々歴史のお勉強。短編映画もありました。

日本庭園も見て終了です。

 

バンコク市内に戻る

さてと戻ります。途中で、教習所の車を発見。タイは教習所があるんですね。

1時間半くらいで到着しました。お疲れさまでした。

VELTRA
 

 


 - タイ , ,

ad

ad


  関連記事

カリプソ・ニューハーフショーを見るためにカオサン通りで激安チケットをゲット

  すでに文化になっているバンコクのニューハーフ。性同一性障害や色々な …

バンコク・MBK(マーブンクロンセンター)でタイ・シルクや、ベンジャロン焼きを買う

  バンコク・MBK(マーブンクロンセンター)では、物凄い数のお土産屋 …

タイ・バンコクで激安皿メシを食べる【路上編】

  先日は、比較的キレイな食堂街で激安皿メシをいただきましたが、今度は …

タイ・バンコクのチャオプラヤー ツーリストボートの乗り方 #水上バス

  バンコクの運河では複数の水上バスが運行されてますが、ローカル色が強 …

タイ鉄道公社の旅。傘たたみ市場を見に行く。その4(バーンレーム駅)

  サムローで、バーンレーム駅に到着しました。 …全然歩け …