アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

冬季限定 川崎大師仲見世道りにある「大谷堂」の釜上げわらびもちは自宅で作れる!

      2018/04/15


 

川崎大師で御朱印3種を頂いたあとは、仲見世道りから帰ります。ここでは、とんとこ飴やくず餅などが有名で、冬季になると熱々の釜上げわらび餅が頂けます。



川崎大師仲見世道り

御朱印を頂いた帰りの川崎大使仲見世通り。ものすごい混雑です。

大山門の前は比較的広くなってますが、それでもこの人出。というかほとんど外国人っす。

仲見世通りの入り口はこんな感じ。

 

街歩き

すでにかなり街歩き済みですが、、、、。改めて甘味を中心に物色します。

ひときは目立つのが、この飴屋さん。ずーーと包丁でリズムを刻んでいます。雨も柔らかくておいしいそうです。

謎のマネキンがうつむき加減で立ってましたが。前見ろ! 前!!!

大量の試食もあるので、興味のある方はどうぞ~

他にも例の飴を作ってるお店もあり、

高々と上げて、ガンガン売ってました。

飴以外にも「ピーナッツせんべい?」正式名称わからないですが。これもおいしいです。

仲見世通りにもありますが、住吉屋総本店のくずもち。

そこそこ老舗で、明治20年創業とのこと。1887年なので130年経ってますね。

ここでは工場直売で1人前300円から販売しています。

パッケージも古風でいいね。

くずもちの中身はこんな感じ。こちらは固い状態のままたべます。

いろいろと注意書きが、、。

ちょっと写真の光量が足りない気がしますが、実際こんな感じのグレーというか薄茶色っす。

ばらして、きな粉と黒蜜をイン! 歯ごたえと弾力があっておいしい。一人前とのことですが結構おなか一杯になる量でした。

 

大谷堂

さてと、仲見世通りに戻って、最後はわらび餅に挑戦です。

店頭では、ぷるんぷるんのわらび餅を、切り分けて販売しています。

そしてこちらが、釜揚げわらび餅。あまり聞いたことがありませんが、、温かいわらび餅、、。気になります。

窯の中では「ぐらぐら煮立って、、、」いるわけではなく、熱々の状態でネリネリされてました。

1つ実食です。店頭で食べると栗も入って400円。お得感ありますね。ねっとりとしたわらび餅って初体験だったんですが、これは一度食べてみることをお勧めします。

 

もちかえり

そんな美味しい「釜揚げわらびもち」ですが、なんと自宅でも体験できます。

まったく説明書きでは理解できませんが!

パッケージは、なにやら小ぶりのプラスチック容器?

さらに、わらび餅を入れた容器にセパレートできます。

あ、説明書きあった!シンプル、、、、。んー、中身を出すのか?出来上がったら、「別の容器」って、、、。このプラスチックのこと?

同じものが台湾製かな、、、。えーっと、耐熱温度は120度なので、確かに電子レンジは大丈夫そうですが、、、。

よくわからないので、湯煎&電子レンジで、トロットロに仕上げました。

これにきな粉と黒蜜をかけて完成です。さすがに現地での釜揚げのトロトロ感にはかないませんが、味は同じだし雰囲気が味わえていい感じでした。ちなみに1つ500円。ちょっと高め。

 

大谷堂(公式サイト)

 

 


 - グルメ , , , ,

ad


  関連記事

【リニューアル】大阪・新梅田食堂街の「はなだこ」のたこ焼きはすべて生ダコ

  JR大阪駅や阪急電鉄梅田駅近くにある新梅田食堂街にはいくつか、たこ …

1本400円のキットカット「サブリム ルビー」が限定発売 #ルビーチョコレート

  最近は高級なキットカットが発売されても、あまり驚かなくなりましたが …

六角橋商店街で開催した「食べくら横丁」で「サリサリカレー」を初体験! (その2)

  東急東横線 白楽駅近く「六角橋商店街」で開催した、2016年11月 …

赤福本店)伊勢神宮のおはらい町にあるアンコ好きの聖地で赤福盆と赤福氷を頂く

  アンコ好き(注意:こしあん)は赤福が基本(当社調べ)ですが、その本 …

流行の塩レモンを作ってみた

  塩レモンは、北アフリカのモロッコの調味料で、いろいろな調理に使える …