アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

わらびの根から抽出された純粋な澱粉で作る「茶処 こ寿々わらび餅」を食べてみた #鎌倉

   


 

鎌倉では、生産量は非常に少なく、とても高価で、モッチモチな「わらび餅」が頂けます。



こ寿々わらび餅蔵

20160324160155住所を調べてここに来ました。

20160324160150が、、ここは工場のようで、飲食は出来ません。お土産で買うには、こちらが出来たてなのでオススメですが。
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3丁目3−25

 

茶処 こ寿々わらび餅

20160324161031こちらが、茶処のほうです。
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目1−9

20160324161044店頭には、試食コーナーもありました。

20160324163555黒みつに漬けてあるので、、

20160324163553きな粉を付けて、お一つどうぞ。

20160324161045お土産はこちらでも購入できます。

20160324161104さて店内。物凄くこじんまりとしています。テーブルは4卓。

20160324161506小部屋な感じのテーブルもありました。

20160324161140すぐにサービスのお茶が出てきました。
ただ、、、ちょっとノンビリできる雰囲気じゃないですね。店員さん?女将さん? がかなり急かしてオーダーを取ったり、イライラが伝わってきて居心地が悪いです。

20160324161119メニューはこれ。

20160324161338冬期限定で黒糖ミルクもあるようです。

20160324161143お、写真付きメニューもある。

20160324161147まめかん

20160324161148ところ天。

 

実食

20160324161810出来ました。

20160324161835こちらは、わらび餅(小) 324円。 あと黒糖ミルクも注文してみました。

20160324161842こちらは、わらび餅(大) 540円。えーーーと、つまり1粒100円ですね。
実際頂くと、物凄い弾力! 独特のモチモチ感ですね。しかも、とろけて行くので食べやすいです。うんまい!

20160324161909

このわらび餅は、わらびの根から採取した「わらび粉(澱粉)」で作られています。

まず、一年目の二月にわらび畑を焼き、二年目の十一月から翌年一月にかけて、若芽が出る前に根を収穫します。こうして収穫された根の中に含まれている澱粉はわずか四~六%です。この貴重な澱粉を抽出するため、根に付着している泥等の不純物を洗い流し、沈殿・分離という作業を幾度も繰り返します。さらに、抽出された純粋な澱粉を脱水し、網バットに並べて自然乾燥すること約五十日間、収穫からおよそ三ヶ月かけて、やっと「わらび粉」が出来上がります。

という工程を経てつくられた「わらび粉」なので物凄く高価です!

 

居心地が良ければ最高だったんですけどね、、、。とっても美味しいのに残念です。
ま、その分、お店の回転は早いです! どんどん出てきますから4卓でも十分でした(笑)

 

公式サイト

 

 

 


 - グルメ , , , ,

ad


  関連記事

テレビ朝日グッドモーニングで台湾スイーツ特集(4月14日(月曜日) 7:25~)

  春水堂(チュンスイタン)のつぶやきで、台湾スイーツの特集があること …

横浜中華街の小尾羊で蒙古三味薬膳火鍋の食べ放題

  火鍋の食べ放題は、上野にある「小尾羊(シャオウェイヤン)上野店」に …

横浜 和牛男COWBOY

  「熟成肉とチーズ 肉割烹バル 和牛男cowboy×むらき 関内店」 …

365日イチゴ狩りしてみた

  こちらのページ「【予約攻略法】東京ストロベリーパークで年中イチゴ狩 …

ミックスジュース発祥の店が新世界のジャンジャン横丁で再オープン! 持ち帰りカウンターもあるよ! #千成屋珈琲店

  治安について色々言われている、新世界のジャンジャン横丁ですが、昼間 …