アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

わらびの根から抽出された純粋な澱粉で作る「茶処 こ寿々わらび餅」を食べてみた #鎌倉

   


 

鎌倉では、生産量は非常に少なく、とても高価で、モッチモチな「わらび餅」が頂けます。

スポンサーリンク



こ寿々わらび餅蔵

20160324160155住所を調べてここに来ました。

20160324160150が、、ここは工場のようで、飲食は出来ません。お土産で買うには、こちらが出来たてなのでオススメですが。
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3丁目3−25

 

茶処 こ寿々わらび餅

20160324161031こちらが、茶処のほうです。
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目1−9

20160324161044店頭には、試食コーナーもありました。

20160324163555黒みつに漬けてあるので、、

20160324163553きな粉を付けて、お一つどうぞ。

20160324161045お土産はこちらでも購入できます。

20160324161104さて店内。物凄くこじんまりとしています。テーブルは4卓。

20160324161506小部屋な感じのテーブルもありました。

20160324161140すぐにサービスのお茶が出てきました。
ただ、、、ちょっとノンビリできる雰囲気じゃないですね。店員さん?女将さん? がかなり急かしてオーダーを取ったり、イライラが伝わってきて居心地が悪いです。

20160324161119メニューはこれ。

20160324161338冬期限定で黒糖ミルクもあるようです。

20160324161143お、写真付きメニューもある。

20160324161147まめかん

20160324161148ところ天。

 

実食

20160324161810出来ました。

20160324161835こちらは、わらび餅(小) 324円。 あと黒糖ミルクも注文してみました。

20160324161842こちらは、わらび餅(大) 540円。えーーーと、つまり1粒100円ですね。
実際頂くと、物凄い弾力! 独特のモチモチ感ですね。しかも、とろけて行くので食べやすいです。うんまい!

20160324161909

このわらび餅は、わらびの根から採取した「わらび粉(澱粉)」で作られています。

まず、一年目の二月にわらび畑を焼き、二年目の十一月から翌年一月にかけて、若芽が出る前に根を収穫します。こうして収穫された根の中に含まれている澱粉はわずか四~六%です。この貴重な澱粉を抽出するため、根に付着している泥等の不純物を洗い流し、沈殿・分離という作業を幾度も繰り返します。さらに、抽出された純粋な澱粉を脱水し、網バットに並べて自然乾燥すること約五十日間、収穫からおよそ三ヶ月かけて、やっと「わらび粉」が出来上がります。

という工程を経てつくられた「わらび粉」なので物凄く高価です!

 

居心地が良ければ最高だったんですけどね、、、。とっても美味しいのに残念です。
ま、その分、お店の回転は早いです! どんどん出てきますから4卓でも十分でした(笑)

 

公式サイト

 

 

 


 - グルメ , , , ,

ad

ad


  関連記事

飯田橋サクラテラス店オープン WEB限定クーポン

  0月10日(金)に春水堂(チュンスイタン)が話題の最新商業施設・飯 …

ラスカルやパトラッシュに会える相模原の世界名作劇場 Fan Fun Kitchen #アリオ橋本

  ラスカルやパトラッシュに会える常設のカフェができたとのことで行って …

横浜インターコンチネンタル:ラ・ヴェラのランチブッフェ(行ってみた1)

  横浜市にあるインターコンチネンタルホテル。その中のイタリアン・レス …

整理券必須の「プレスバターサンド」 #東京駅構内 #お土産

  東京駅構内には沢山のお土産屋さんがありますが、2017年4月にオー …

老舗ベーカリー、銀座木村屋総本店の「あんぱん」が外国人観光客に人気

  久々にキムラヤの出来立てアンパンが食べたく、銀座にある木村屋総本店 …