アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

【Part1】船橋センタービルの「せんば自由軒」

      2017/10/19


 

特に意識せず自由軒で「名物インディアンカレー」を食べてみましたが、実はそれは「せんば自由軒」で千日前の「自由軒」とは別物だと聞いて、、、。



とりあえず食う

色々大人の事情があることは知りませんでしたので、一番近くにあった、船橋センタービルの「自由軒」に向かいました。地下鉄本町駅が最寄りです。

とにかく大量のビルがある船橋センタービル。ビルというか地下街それぞれに名称が付いているようなイメージ。

で、向かうは「船橋センタービル9号館」です。案内図の左中央に「せんば自由軒」がありますね。
住所:大阪府大阪市中央区船場中央3−3−9 船場センタービル9号館

この船橋センタービルの居酒屋さんは、ほとんどのお店が激安。ビールなどは1杯250円くらいが相場のようです。

 

せんば自由軒

こちらが「せんば自由軒」。あれ?オデンもやってるんですか、、、?

この看板を見て、本店って書いてあれば、ここが総本山だと思いますよね、、、。(詳しくは後述します)

サンプルが沢山あって分かりやすい。中央の巨大なカレーもメニューにあるのかな、、、。

お、、普通のカレーもあるんですね。

 

入店

お客さん少なかったですが、カレーとソースの良い匂いがします。

織田作之助の小説「夫婦善哉」で出てたそうですね。

Kindle版だと無料なのでどうぞ。

ランチメニューはこちら

通常メニューはこちら

 

実食

名物インディアンカレーにしました。独自ブレンドのカレー粉と秘伝ソースで仕上げた、明治43年以来変わらない味とのこと。もう少しどす黒い感じを想像していましたが、結構明るめの色合い。

かなりの厚みがあります。ちなみにLサイズにしています。とりあえず一口。うん、、しっとりしたドライカレーですね。カレー粉感があります。玉ねぎはほぼ生。

ウスターソースかけるのが良いとのことなので、、、

かけてみる。おー、ウスターカレーみたいに、ウスターソースが主役になります。その代りカレー感が、、、。

今度は「自由軒」の方にも行ってみたいな、、、。

 

いろいろな歴史

こちらは「自由軒」のホームページにある画像。自由軒と書かれていますが、

「せんば自由軒」の今回のお皿を見ると、「登録商標 自由軒」と書かれています。
自由軒や「せんば自由軒」の商標登録は、「せんば自由軒」の方が持っています。とはいえ「せんば自由軒」は破産手続をしたため、現在は「株式会社ベクトル」が運営しています。

自由軒のHPに歴史説明がありますが、あくまでも本家は「自由軒」で、「せんば自由軒」は別会社であることが分かります。
せんば自由軒のHPにある歴史とすり合わせると、以下のようです。

昭和二十二年:
創業者の次男と五男がバラックで「自由軒」を再開

昭和三十年:
五男が戦前の「総料理長 早野賢造」氏を呼び戻し再建を続ける

昭和四十一年:
次男が千日前に「自由軒」を開店

昭和四十五年:
五男が独立して「本町自由軒(せんば自由軒」をオープン
(総料理長 早野 賢造はこちらに移籍)

 

作ってるのが総料理長とすれば、どちらも全く同じ味ってことですよね、、、、。

 

せんば自由軒(公式サイト)
自由軒(公式サイト)

 

 

 


 - グルメ , , , , , ,

ad


  関連記事

第11回「トルコの朝ごはん」

  素敵なイベントにお誘い頂き、人生初のトルコ料理をいただいて来ました …

どデカい黒毛和牛のローストビーフが食べ放題!横浜ベイシェラトン「コンパス」 のディナーブッフェ(その1)

  横浜ベイシェラトンの2階にある、オールデイブッフェ「コンパス」 に …

土古里(とこり)新宿店で高級山形牛食べ放題コースを試す

  こだわりの一頭買い山形牛の土古里(とこり)では、月齢30ヶ月以上の …

もつ焼き大衆酒場「つみき」で立ち飲み@神田

  立飲みが点在するJR神田駅周辺。特にJRガード下には激安立ち飲み店 …

「春水堂」の表参道の新店舗と新メニュー

    新店舗がオープンするようですね。 表参道に2014年 …