アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

急ぎの海外送金|格安で送金できました。

   


 

急に海外送金が必要になった場合、以前ならば比較的簡単に送金手続きが可能でしたが、現在は「犯罪収益移転防止法」に基き本人確認が必須となったため、直接本人を対面で確認するか、郵送などで住所確認が必須となったため、そう簡単にはいかなくなりました。

スポンサーリンク



犯罪収益移転防止法

何らかの方法で本人確認することが義務付けられている「犯罪収益移転防止法」。一番多いパターンが「転送不要の郵便物を直接本人に送って確認」ですが、オンラインでもOKになったため、おおむね以下の条件になっています。

(1) 10万円以下の送金は本人確認書類とマイナンバー関連書類の提出
(2) 10万円以上or2回目の送金は住所確認
(3) 10万円以上の送金は対面確認
(4) 10万円以上の送金はビデオ通話による本人確認

上記の(4)は平成30年(2018年)11月30日に施行されたばかりなので、ほとんど対応しているところはありません。(3)は大黒屋のウエスタンユニオン国際送金などの対面店舗で本人確認書類とマイナンバー関連書類をその場で確認することで、すぐに送金可能になるので「至急」ということであれば、ウエスタンユニオン国際送金が一番早いですね。ただし店舗まで行く(交通費もかかる!)&手数料が高いのがネックです。受け取る人もウエスタンユニオンの窓口に行く必要があると、手間が多い!

ということで、実質(1)か(2)になります。

スポンサーリンク


FSA国際送金

(1)はオンラインで完結するところが多いので比較的選択肢はあります。FUNDS SENDING AGENCYはマレーシアを拠点とする送金専門のサービスで、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムへの海外送金に対応しています。この対象国ならば、おそらく最短でオンライン送金が可能です。(受け取りは対応する銀行の窓口に行く必要があります)

10万円以下の送金なら7分で送金完了するのがウリです。

FSA国際送金(公式サイト)

スポンサーリンク



TransferWise(格安送金)

FSA国際送金よりは少し手間はありますが、送金もオンライン、受け取りもオンライン(相手銀行口座に入金)で受け取れる、最短&格安送金でオススメなのが、TransferWiseです。

(1) 10万円以下の送金は本人確認書類とマイナンバー関連書類の提出

10万円以下なら、オンラインで書類提出、数時間~翌営業日までに確認完了が済み次第、すぐに送金されます。

(2) 10万円以上or2回目の送金は住所確認

10万円以上でも、(1)の確認の翌日には住所確認資料発送、翌日着、オンラインでアクティベーションが完了次第送金可能となります。つまり、最短3日で送金が実現できます。知る限りTransferWiseが最短ですね。(他社サービスは1週間くらいかかりますし)

ちなみにTransferWiseは銀行ではないためか、土日も手続きがスムーズでした。実際(1)の手続きは土曜日の深夜に開始しましたが、翌日日曜日の朝10時には確認完了のメールが来ました。早い!

10万円以下の送金をしてみる

とにかく手数料の安いTransferWise。10万円の送金でも、わずか1179円の手数料です。手数料の相場は2,000円から3,000円なので半値以下です。

その秘密は、「海外送金していない」という衝撃の事実! そう、TransferWiseは海外送金していないんです。この図にあるように、日本からベトナムに送金する場合は、実際に為替交換はせずに、日本側の「送金したい」という要求を、ベトナムの銀行口座から「出金」することで処理しています。
つまり、どちらも国内送金で済ませている画期的な仕組みなんです。考えた人、頭いいですね、、、。

なので、通常は為替差損(マージン)を乗せる必要がありますが、国内送金なので振込手数料だけで済むわけです。

実際に送金した記録がこちら。この時は400万ドン(約2万円)を送金してみましたが、入金後わずか3時間後には相手の口座に着金しました。すごい速さです。お互いオンラインなのでまるで国内送金(というか実際国内送金な訳ですが、、)のようです。

注意点

ただし、注意点が2つあります。

1つは、銀行営業時間に左右されることです。日本からの送金の場合、オンライン入金が確認できるのは、当然日本の銀行の営業時間内に限られますから、おおむね10時から15時に限定されます。それ以降は翌日扱いになります。

当然、受け取り側も銀行営業時間が課題になります。それを外せば翌日受け取りになります。アジア圏ならさほど時差はないので、問題ないと思いますが注意点です。

もう1つは、TransferWiseの制限ですが、国内口座の資金残高に影響されるのか、着金の予定時間には幅があるということです。少ない金額だと、前述のように3時間後で行けましたが、高額になると1週間程度かかる可能性もあります。

確実に届けたい場合は、ウエスタンユニオン国際送金のほうが良いかもしれません。(ウエスタンユニオン国際送金も相手国の受け取り日時を確約していませんが、、)

※2回ほどベトナムに送金しましたが、いずれも3時間程度で着金しましたので、あまり問題はないかもしれませんが。

住所確認

申し込みの3日後に住所確認資料が来ました。

中には、紙が1枚、、、。4桁のアクティベーションコードが書かれていました。

そのコードをオンラインで入力すると、、、。

送金OKのステータスになりました。
これで、10万円以上の送金も可能な状態です。

関東財務局に資金移動業者として登録済みの業者ですし、1300通貨ルート/71ヵ国で利用可能なので、安心して利用できます。

 

TransferWise(公式サイト)

 

スポンサーリンク



 

 


 - 旅行 ,

ad


  関連記事

沖縄:「茶ぁーやー」の沖縄料理とぶくぶく茶

  沖縄:那覇の路地裏に、、、、 沖縄料理 古民家の、、、、 &nbs …

バニラエアが係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化

  バニラエアは、機内における安全面の強化および定時性向上の観点から、 …

沖縄:国際通りでお土産と島唄を聞きながら食事

  沖縄、那覇でお土産を買うなら、この国際通りがいいですね。もの凄い軒 …

バニラエアの搭乗&就航1周年記念限定メニュー

  バニラエアが就航一周年を記念して、就航1周年記念限定メニューを発売 …

ANAが国際線エコノミークラスの無料手荷物許容量を2個に変更

  ANAグループが、2015年1月8日(木)発券分の航空券より、国際 …