アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

台北市内→桃園国際空港を結ぶバス、國光客運1819系統が24時間運行化

      2016/05/07


 

2014年11月1日より、台北市内→桃園国際空港を結ぶバス、國光客運1819系統が24時間運行化!

スポンサーリンク



台北→桃園機場

1819A_s

今までは、04:30の始発から、00:20の間で、10~15分間隔の運行でしたが、2014.11.1からは、1:20 、2:20 、3:20 が運行されています。本数は少ないですが、深夜なら渋滞もなく、快適な移動が可能だと思います。2016年5月現在では、00:50、04:00発も増便されてます。

ただし、深夜便(増発分)のバスは「台北西站B棟」で乗車券を購入して、1號月台(1番ホーム)から乗車してください。

ちなみに、料金は固定で、片道125元(約450円)です。ちなみに往復チケットを買うと230元とオトクです。

公式サイト

桃園機場→台北

逆に飛行場から台北市内も24時間運行化されています。

始発の05:40から、00:30の終バスまでは、10~15分間隔の運転ですが、03:20、04:20が追加されています。1時、2時台に到着する便はないようなので、問題ないかと思います。

2016年5月現在、

●  (二航站)00:00、00:15、00:30、00:45、01:00、01:15、01:30、01:50、02:20、03:20、04:20、05:00
●  (一航站)00:10、00:25、00:40、00:55、01:10、01:25、01:40、02:00、02:30、03:30、04:30、05:10

と、大量のバスが増便されてました。

これでタクシーを使わずに済みそうです。

公式サイト

「桃園機場」公式サイト

 

 

 

 


 - 台湾 , ,

ad

ad


  関連記事

台湾鉄道とJR北海道の姉妹列車締結3周年記念SLに乗ってきた(車窓編)

  台湾鉄道とJR北海道の姉妹列車締結3周年記念SL(蒸気機関車)に乗 …

「日式台湾時刻表2014年2月号」で鉄道旅

日本人には馴染みにくい台湾現地の時刻表を日本風表記に構成しなおした時刻表が、アマ …

1年ぶりに漫画喫茶っぽい激安ホテル「NEOSOHO」に泊まる

  1年ぶりですが、カプセルホテルみたいな、、漫画喫茶のような個室のホ …

2014-2015台北101の年越し花火(動画編) #空撮

  準備編、写真編と続き、動画もアップしました。ただ、スマホで撮った動 …

ドライマンゴーが激うまの迪化街「新發蔘藥行」でお買い物 #台湾

  台湾と言えばドライフルーツ、乾物ですよね。特に迪化街は乾物屋さんが …