アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

名古屋のお土産、納屋橋饅頭万松庵の「納屋橋まんじゅう」

   


 

名古屋のお土産「納屋橋まんじゅう」を買ってみたところ、いわゆる酒まんじゅうで酸味のある皮と甘いあんこが非常に美味しかったです。でも、、納屋橋饅頭は3つの会社がありなかなか奥が深そうでした。



納屋橋饅頭

納屋橋饅頭(なやばしまんじゅう)は、愛知県名古屋市の銘菓ですが、調べると派閥が3つあるんですね。
「納屋橋饅頭本店」こちらが本家。
「納屋橋饅頭万松庵」「納屋橋饅頭平田町分店」が分家。

実際には「納屋橋饅頭万松庵」が勢力のほとんどを占めているようです。

 

納屋橋まんじゅう

20150826011443保存料などを使用せず皮は酒母と麹にもち米をあわせて小麦粉で練り上げて自然発酵させているそうです。そのため日持ちは2日なのですが、納屋橋饅頭万松庵のまんじゅうは、トレハロースを混ぜることで日持ち4日の一段と長くなっています。

20150826011450万松庵の記載がありますね。名古屋駅のほとんどの売店で買うことが出来ます。

20150826011541剥いてみました。麹の良い匂いがします。

20150826011553割ってみると中のアンがぎっしりでした。
こちらでは、北海道十勝地区の厳選された小豆だけを使用して、何回も煮揚げて渋を抜き、そして煮あがった小豆の皮を取りのぞき、あっさりした最高の漉し餡に仕上げているとのこと。

確かに試食すると、あっさり滑らかで、赤福よりも上品で美味しいですね。

小分けで2個から買えますので、オススメです。

 

 

 


 - グルメ , ,

ad


  関連記事

極上の牛肉!但馬屋しゃぶしゃぶ #ヨドバシakiba

  牛しゃぶ 牛すき焼き食べ放題を提供している「但馬屋」さん。注文を受 …

創業宝暦十年の姉妹店で頂く「たまひで いちの」の親子丼 #東京スカイツリー

  「玉ひで」といえば創業宝暦十年(1760年)創業で、260年ほどの …

黒毛和牛100%の絶品「生ハンバーグ」を自分で焼いて食べる

  表面だけ焼いたハンバーグが提供され、あとは自分で焼いて食べるという …

横浜インターコンチネンタル:ラ・ヴェラのランチブッフェ(行ってみた1)

  横浜市にあるインターコンチネンタルホテル。その中のイタリアン・レス …

JR蒲田の持ち帰り専門店の焼鳥を立飲み&おでんの炙り安

  さすが蒲田ですよね。普通の焼き鳥の持ち帰り専門店なのに、飲めたりし …