アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

マーノ エ マーノ(ピザは美味しい)

   


 

旬野菜をふんだんに取り入れた「農園のピッツェリア」がコンセプトのイタリアンのお店、「マーノ エ マーノ」でピザを食べてみました。マーノ エ マーノ=Mano e Manoとは、イタリア語で「手と手」って意味だそうです。



Mano e Mano

レストランが密集する、MARK IS みなとみらい 4Fですが、ここだけ行列じゃない、、、。なぜ、、、?

んー、普通にサンプルあるし。

大きな石窯のある、よくあるピザ屋さんに思えますが? あとで聞いたら、イタリア人のピザ職人が焼いてる本格ピザでした。

 

メニュー

コースがあるんですね(左ページ)。一人2,980円か、、、、。

単品で行きましょうかね、、。メインはピザですね。1,080~1880円。まぁ、ピザ屋さんとしては普通のお値段ですが、なぜお客さん少ないのか、、、?

パスタ類。ペンネ、スパゲッティ、パスタ。全部違うものだそうです(何が違うの?)

ドリンクも充実。モヒートもある。

ソフトドリンク類も結構ありますね。

イタリアンですから、もちろんワインもありますね。


実食

アサヒスーパードライからスタート。オシャレなズングリむっくりなグラス。中ジョッキと呼べないくらい、量的にはすごく少ないですが、1杯680円。高い、、、。

ピザ来ました。美味しそう! マルゲリータ。モチモチの生地ですね。

ビールが高いので、ワインに切り替え。いわゆるハウスワインで、デキャンタ1,800円。

さっぱりしてて美味しいですよ。

パスタも1品行ってみました。うん、いまいち、、、。ピザは美味しいのになぜ?? ピザ職人はパスタは作ってないのかな?

ってことで、再びピザ。たっぷりチーズの「クワトロフォルマッジ」。

はちみつを掛けて食べる、美味しいピザでした。

 

Mano-e-Mano(公式サイト)

 

 

 


 - グルメ , , ,

ad


  関連記事

新幹線京都駅の売店で販売の「ヤマト柿の葉すし」は元々給食を作っていました。

  新幹線京都駅では、柿の葉すしといえば「ヤマト」さんみたいですね。あ …

本家西尾八ッ橋の起源、米粉を使って作られた素朴な「白餅」には高級な黒文字付き

  有名な本家西尾八ッ橋、その起源は「白餅」なんだそうです。いつも人気 …

横浜インターコンチネンタル:ラ・ヴェラのランチブッフェ(行ってみた1)

  横浜市にあるインターコンチネンタルホテル。その中のイタリアン・レス …

中目黒の和酒フェス2019春に参加してみた

  日本酒がメインで心ゆくまで試飲ができる、素敵なイベントが中目黒で開 …

昭和の時代から続く伏見駅地下街は「せんべろ天国」だった

  愛知県名古屋市中区錦2丁目にある、伏見駅地下街には、かなりの数の飲 …