アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

マーノ エ マーノ(ピザは美味しい)

   


 

旬野菜をふんだんに取り入れた「農園のピッツェリア」がコンセプトのイタリアンのお店、「マーノ エ マーノ」でピザを食べてみました。マーノ エ マーノ=Mano e Manoとは、イタリア語で「手と手」って意味だそうです。



Mano e Mano

レストランが密集する、MARK IS みなとみらい 4Fですが、ここだけ行列じゃない、、、。なぜ、、、?

んー、普通にサンプルあるし。

大きな石窯のある、よくあるピザ屋さんに思えますが? あとで聞いたら、イタリア人のピザ職人が焼いてる本格ピザでした。

 

メニュー

コースがあるんですね(左ページ)。一人2,980円か、、、、。

単品で行きましょうかね、、。メインはピザですね。1,080~1880円。まぁ、ピザ屋さんとしては普通のお値段ですが、なぜお客さん少ないのか、、、?

パスタ類。ペンネ、スパゲッティ、パスタ。全部違うものだそうです(何が違うの?)

ドリンクも充実。モヒートもある。

ソフトドリンク類も結構ありますね。

イタリアンですから、もちろんワインもありますね。


実食

アサヒスーパードライからスタート。オシャレなズングリむっくりなグラス。中ジョッキと呼べないくらい、量的にはすごく少ないですが、1杯680円。高い、、、。

ピザ来ました。美味しそう! マルゲリータ。モチモチの生地ですね。

ビールが高いので、ワインに切り替え。いわゆるハウスワインで、デキャンタ1,800円。

さっぱりしてて美味しいですよ。

パスタも1品行ってみました。うん、いまいち、、、。ピザは美味しいのになぜ?? ピザ職人はパスタは作ってないのかな?

ってことで、再びピザ。たっぷりチーズの「クワトロフォルマッジ」。

はちみつを掛けて食べる、美味しいピザでした。

 

Mano-e-Mano(公式サイト)

 

 

 


 - グルメ , , ,

ad


  関連記事

「威南記海南鶏飯 Wee Nam Kee Hainanese Chicken Rice」”日本初進出”のお知らせが気になる

  WNKInternational Franchise Pte Lt …

横浜中華街のThe Cafe

  ごちゃごちゃしてる横浜中華街ですが、ノンビリくつろげる喫茶店もあり …

天野屋で温かい明神甘酒と、氷甘酒白玉入りをいただく

  神田明神への参拝のあと、甘酒を頂いてきました。 決して、甘酒のつい …

デカ盛りランチのチャイニーズガーデン悟空 #五反田

  一見普通の中華料理屋さんですが、普通盛りが大盛り、大盛りがデカ盛り …

研Q室のヨーグルトは東京大学のネットショップで買えます。

  東京大学と東北協同乳業の協働で、研究成果が活かされた 「研 Q 室 …