アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

auの「アップグレードプログラム」は分割支払金残額が無料になる代わりに、旧機種が巻き取られます

   


 

auは、最新機種への買い替えをサポートする「アップグレードプログラム」を2015年2月6日から提供すると発表しました。

スポンサーリンク




アップグレードプログラム

p_index_01

最新機種の購入は、通常分割払いにて購入される方が多いと思います。もちろん一括0円機種もありますが、分割払いの場合は例えば「iPhone 6 Plus 16GB」の場合、毎月3,555円の支払いになります。(総額85,320円)

これが「アップグレードプログラム」(月額300円 (税抜)) に加入し、かつ機種代金を割賦契約 (24ヵ月) の18ヵ月間利用後、新たな機種に変更すると、それまでの旧端末の分割支払金残額が無料となります。

つまり、、、

3,555円×18ヶ月 = 63,990円
プログラム月額(300円)x18ヶ月 = 5,400円

合計69,390の支払いをすることで、残金21,330円の支払いが免除される、と言うものです。

(実際にはプログラム参加費が必要なので、15,930円が免除されます)

 

旧機種の巻き取り

たった15,930円の免除というこのプログラムですが、

機種変更した際には、旧機種を回収させていただくこと
(旧機種が故障、水濡れ、破損がなく正常に動作することが回収の条件となります。)

という条項があるため、iPhone 6 Plusは、auに返却(巻き取り)になります。

現在63,000円もの高価下取り価格を誇る、iPhone 6 Plusをたった15,930円のために手放すなんて考えられません。もちろん18ヶ月使った中古にはなりますが、半額だとしても30,000円です。明らかにもったいないです。

au自身が実施している「下取りプログラム」においても、iPhone5s 16GBですら23,000円で下取りが可能ですので、まったくお得感はないですね。

 

対象機種

iPhone 6/iPhone 6 Plus
INFOBAR A03/AQUOS SERIE mini SHV31

 

その他条件はこちら

 

 

 

 


 - モバイル , ,

ad

ad


  関連記事

ドコモがSIMロック解除の手続きを改悪~総務省ガイドラインを逆手に取る

  ドコモもauと同様に、総務省のガイドラインに従ったSIMロック解除 …

ドコモがSIMロック解除の受付条件を一部緩和し、回線利用実績を考慮することに。

  ドコモがSIMロック解除の受付条件を一部変更しました。 先日、総務 …

ワイモバイルのNexus5をAndroid5.0 Lollipopにアップデートしてみた

  ワイモバイルのNexus5は、ほぼGoogle Nexusのオリジ …

海外旅行の前にはSIMカードPINロックをオススメします

  最近のケータイ、スマホは、SIMカードが交換できるようになっていま …

【販売再開】アップルストアのiPhone6 SIMフリーモデルが約15%の値上げを実施

  未だ出荷日未定のiPhone6、iPhone6Plusですが、ひっ …

XPERIA Z4 SO-03Gに両面ガラスフィルムを貼ると危険です!

  SONY XPERIA Z4の最大の特徴といえば、両面ガラスの本体 …

Firefox OS 開発者向け端末 Flameの国内販売予定

  Firefox OS 開発者向けの日本国内認証済みリファレンス端末 …

【再開しました】「ドコモポイント」と「JALマイル」の相互交換を休止

  「ドコモポイント」と「JALマイル」は、2014年4月より、相互交 …

正式にサービス開始したソネット「0 SIM(ゼロシム)」は0円スタート。音声回線は毎月700円で維持できるがMNP手数料は最低7,000円からと高額なので注意

  ソネットが、デジモノステーション(2016年2月号)付録の「コラボ …