アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

【老舗】洋食キムラの懐かしいハンバーグステーキ

   


 

懐かしい味! 洋食屋のハンバーグってこんな感じでしたよね? 昭和13年(1938年)に開業したキムラさんは横浜で営業を続けて約80年の老舗です。



 

洋食キムラ 野毛店

JR桜木町駅から徒歩数分のとこにある飲み屋街の「野毛」。その少し外れにある「洋食キムラ」さん。ちょっと入りづらいですが、、、。
住所:神奈川県横浜市中区野毛町1丁目3

このマークが目印ですね。カッパですよね? 河童、、。
この日はディナーとして訪れましたが、ランチにもいいと思います。

昭和13年創業の初代シェフは米軍の厨房を手伝っていたとのこと。

入店

意外と店内は綺麗ww。地下は厨房、中二階に客席がある感じです。ちらっとコックさんが顔をだしましたが、3代目の方のようでした。

客席から入り口を見ると、時計があったり、、、というかレトロっすね。いや、むしろ「ハイカラ」と言うべきか、、。

テーブルも椅子もシブイ! テーブルクロスは何パターンかある模様。

壁にはいくつか張り紙が、、、。

メニュー

メニューは写真付きにおススメが集約されています。これらが定番なんですね。ビーフシチューも良いですが、ハンバーグの3倍のお値段にビビる。

セットもありますね。ってさっきのと同じやん、、。あ、でも真空パックで持ち帰りだと、ビーフシチューが2,400円と3割引きww

単品系もいくつかありますが、みなさんお値段が「それなり」にしますね。

あれ?ビーフシチュー2,400円だ、、、。あ、、、写真付きのメニューにあるビーフシチューは1,000円のサラダ付きなんですね。
あれ??ビーフシチューの持ち帰り2,500円? こっちは真空パックではなくテイクアウトか。付け合わせがあるから100円高いのかな?

コースもあるんですね。さすが老舗洋食屋さん。ただし「4名様以上」とハードル高し。

ワインもありますのでお好みで、、、。

実食

最近見ない装飾付きのナイフ&フォーク

ミニサラダがこちら。ビネガーっぽいドレッシングでサッパリしてて良い感じ。

こちらが「ポークカツセット」。メニューには「上質のポークをなんと2枚のシェフ泣かせのメニューです」とあります。シェフが泣くかどうかではなくお味の説明は無いんですか?

ウスターソースでいただきます。ポークカツは分厚いにも関わらず、柔らかくて美味しかったです。ですが1枚で十分ご飯頂けます。1枚バージョンも作ってください!

そして定番のハンバーグ! 貝殻型の鉄なべのお皿で焼かれて出てきます。これが食べたかったんですよ!

ハンバーグ自体は、ふわふわでトロッとしています。今風の肉々しい食感ではなく、きっちりミンチにしている昔風のハンバーグです。自家製のデミグラスソースも最高に美味しい。丸2日もかけて作るデミグラスソースには3年熟成の自家製梅酒も入ってるそうです。

断面がこちら。チャンと火が通ってますが、柔らかい~。これ美味いです。さすが伝統のお味。(あ、、ライスの写真撮ってない、、。量は少な目でしたので、+100円で大盛りにした方が良いかと)

もったいなくて、黄身が崩せない、、、。

って、最後は、どるん、、と黄身+ハンバーグで美味しく頂きました。それにしてもデミグラスソースが美味い。ビーフシチューもこの系統ってことですよね。次回はビーフシチューかな。

ハンバーグ1,320円とお安くはないですが、かなりオススメですよ。



洋食キムラ 新横浜店

こちらは新横浜店。野毛店ど同様のメニューもあるようですが、今回はランチで訪問してみました。
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目100−45

広い店内、照明は少な目なのですが、ものすごく明るい!

この大型の窓のおかげですね。野毛店とは大違いの採光で、開放的です。

メニュー

ランチメニューでも、いろいろメニューが豊富ですし、平日ランチタイムは「ライスおかわり・大盛無料」なんですよ。ハンバーグにライス無限とか最強ですよね。

またドリンクも1杯付きます。一応メニューには「新横浜店限定」とあるので、野毛店ではこのサービスは無さそうです。

今回はアイスコーヒーにしました。

実食

サラダからスタート。

そして今回は「チーズハンバーグセット」にしています。通常のハンバーグが1380円の所、目玉焼きが無くなりチーズをのせただけで 1620円ですよ。チーズってどんだけ高いの?

折角なので、アニメーションGIFでグツグツ具合をどうぞ(再生されないときは画像をクリックしてください)。デミグラスソースの強烈な匂いもあり最高に美味しそう。(というか美味しい)

ライスは普通盛りにしました。もちろんお代わりもしましたが。

今回のハンバーグは、超ゆるゆる、、、。玉ねぎが多過ぎたのかな? お肉少な目なのとチーズの味が強いので、好みの問題かと思いますが、通常のハンバーグの方が良いかもですね。

 

公式サイトは無いようですので、はまれぽ.comさんのレポオレンジページの記事MCフードスペシャリティーズの記事をご紹介。ふわとろハンバーグの作り方の秘密が分かります。

 

 

 


 - グルメ , , , , , ,

ad


  関連記事

まろやかなミルクティーの味わいのプリンとクリスマスのスターバックスカード

  定期的に魅力的な商品を発信しすぎなスターバックス。今回は「ケニア・ …

明石焼きをヒントにタコ焼きを昭和10年に作った? #会津屋 #大阪

  昭和10(1935)年に神戸の明石焼きをヒントに「たこ焼き」を作っ …

厳選したチーズを惜しみなく使用したプレミアムスイーツ「ナウオンチーズ ルミネ新宿店」

  カタカナ表記だとちょっと分かりづらい「ナウオンチーズ」ですが、no …

日暮里・谷根千の幸せランチがエンドレス。 #谷中ぎんざ

  日暮里・谷根千にある、谷中ぎんざ商店街。小さなお店が沢山あって見ど …

分厚いトンカツをランチで提供している「吟くら あきば」

  ふらっと立ち寄った、秋葉原の定食屋さん。ランチ利用でしたが、まさか …