アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

この5年で大きく変わった冰讃(びんさん)のマンゴーかき氷 #2018年

      2019/04/12


 

ブログに残っているだけで、2014年の冰讃(びんさん)から2018年は随分と変わりましたね。



冰讃(びんさん)

こちらが2018年7月の冰讃の様子。MRT雙連站から徒歩数分です。朝は11時からオープンしています。
住所:台北市大同區雙連街2號

実は意外と外見が変わってたりします。こちらは2014年の様子。

そして2018年の様子。シマシマ看板がソリッドな看板になってる!

こちらの看板は変化がないですね。

夏季限定の冰讃。冬は火鍋屋さんですね。つまり季節限定の店舗なんです。いや、、逆か。季節限定で火鍋屋さんになるカキ氷屋さん?


オーダー方法

実は2017年は都合が悪くて行けてないので不明ですが、2018年ではオーダー方法が大きく変わっていました。以前はこの写真の奥に見える会計カウンターに直接並んでましたが、現在は店頭のこの看板の前に並ぶスタイルです。

ここでメニューを見ながら待ち、先頭の会計が終わったら呼ばれるので、先に進む、、、。という感じです。

ちなみに写真メニュー以外にも沢山種類はありますので、色々見て決めておきましょう。

あとは順番が来たら会計カウンターでオーダーするだけです。

なお、いろいろトッピングも可能ですが、

人気のプリンは1つだけの制限があります。日本人プリン大好きね! ってことか。

こんな感じでその場でジャンジャン焼いてますが、この小さなオーブン1つですからね、、。間に合いませんね、、、。

ということで呼び出し機を受け取って待ちます。

実食

こちらは、マンゴーミルク氷(雪花冰(しぇーほぁぴん))。少なかった2016年よりは増えている印象。(後ほど比較します)

こちらは普通のカキ氷バージョン。プリンも1つ付けてみました。ガリガリ食べるタイプですね。どちらもマンゴーの甘さというより、シロップの甘さな気がします。

この大量にストックしているマンゴーシロップにその秘密がありそうです、、、。牛乳のポリタンクに入ってるので自作だとは思いますが。

今回はスイカジュースもいただきました。トッピングでスイカをお願いしたのですが、「それは出来ない!」と。じゃぁ、ジュースは??「できる」と。意味が分かりませんが。ミルクなしのスイカ。ガムシロは入ってるっぽいですね。甘かったです。



カキ氷の遷移

それほど日本人に大人気になる前の2014年からかき氷の推移を見てみましょう。

2014年、115元。

2015年、115元。

2016年、120元。

そして2018年、150元。

お値段の上昇&マンゴーの量の減り、、、と。ちょっと終焉を迎えてる気がします、、、。

さぁ、2019年のマンゴーシーズンはどうなりますかね、、。

 

 


 - 台湾 , , ,

ad


  関連記事

今や貴重なジャンボジェット(747-400)の2階席ビジネスクラスを台湾路線で体験

  ぼっち台湾旅行。今回は予算の都合とランタン祭り会場の都合で「成田ー …

台湾:基隆黄色小鴨(Rubber duck) を見てきた

  2014/1/4に台湾のラバーダック(巨鴨)を見に行ってきました。 …

【動画編】台湾鉄道とJR北海道の姉妹列車締結3周年記念SL

  台湾鉄道とJR北海道の姉妹列車締結3周年記念SL(蒸気機関車)に乗 …

基隆駅から専用バスで新北市平溪天燈節の会場に行く。

  新北市平溪天燈節の会場に行くには電車か専用バス以外にありませんが、 …

ドライマンゴーが激うまの迪化街「新發蔘藥行」でお買い物 #台湾

  台湾と言えばドライフルーツ、乾物ですよね。特に迪化街は乾物屋さんが …