アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

国産SIMフリーが登場! 富士通製「ARROWS M01」

   


 

富士通は、Android 4.4を搭載したSIMフリーのスマートフォン「ARROWS M01」を開発し、第一弾として、イオンに提供します。
新スマートフォンは12月5日(金曜日)から全国のイオンで「イオンスマホ」として発売されます。



国産スマホ!

ARROWS M01は、聞きやすい「スーパーはっきりボイス」や、従来のフィーチャーフォンと同じ感覚で操作できるホーム画面「シンプルホーム」など、初めてスマートフォンを使う方でも簡単に使いこなせます。

また長時間使用できる2,500mAhの大容量バッテリー、防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)、150Mbpsという高速LTEへの対応など、基本機能を充実させることで安心して利用できます。

さらに「ARROWS M01」は屋外でも見やすい有機ELディスプレイ、カメラ、その場の雰囲気を自然な色のまま写真撮影ができる暖色系フラッシュなどの機能が充実しています。

ARROWS-M01

ARROWS-M01 -2

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色を展開します。

端末代は3万6720円と予想されます。もう少し安いと良いんですが、国産なのでこれが精一杯なのかもですね。せめて5インチ液晶ならば Asus Zenfone5と勝負できたかもしれないのに。

 

製品仕様

OS : Android 4.4
サイズ(高さ、幅、厚さ) : 約138mm × 67mm × 10.9mm
質量 : 約153g
連続待ち受け時間 : 約700 / 約950時間(LTE / 3G)
連続通話時間 : 約670分
バッテリー充電時間 : 約150分
メインディスプレイ : 約4.5インチ 有機EL(720×1280ドット)
カメラ(アウト / イン) : 800万画素 / 130万画素

 

公式サイト

ニュースリリース

 

 

 

 


 - モバイル , , ,

ad


  関連記事

auに新規契約でLGL22を一括0円で手に入れた

  前回は、日本通信からのMNPで、au LGL22を手に入れましたが …

ドコモがデータシェアプランを発表「カケホーダイ&パケあえる」

  新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 簡単に言うと、「通話料を …

Glass Explorer Edition(シェール)

  日本での発売も秒読みなんでしょうか…?   …

関空に日本初のSIM自動販売機が登場!So-netが4月22日から

  とうとう日本にも、SIMの自販機が設置される時代が来ました! &n …

docomoの機種変更でL-01F(G2)を格安で手に入れた

  ドコモの機種変更がお安くなってますので、「ご愛顧割」をフル活用して …