アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

チャイナエアラインとタイガーエア台湾(LCC)を比較(2015年4月2日成田線就航予定)

   


 

シンガポール航空傘下のタイガーエアウェイズ・ホールディングスとチャイナエアラインによる合弁で設立された、タイガーエア台湾が台北ー成田線を就航予定ですが、本家のチャイナエアラインと価格を比較してみました。



タイガーエア台湾

tigerair

タイガーエアウェイズ・ホールディングス 10%、チャイナエアライン 90%の出資比率のため、ほぼチャイナエアラインのLCCと言えると思います。
すでにチャイナエアラインは航空券を3万円台(時期によっては3万円台前半)で提供している、そもそもLCC的な魅力は有ったわけですが、、、。

5月の後半で調査

チャイナエアラインは、往路 2015/05/13 水曜日、復路 2015/05/19 火曜日の場合が、その前後では一番安く、税込 38,360円でした。 もちろん食事もドリンクも付きますし、預け荷物は「重量の合計が20Kgを超えないこと(個数制限なし)」です。

一方のタイガーエアは、一日ずらして往路 2015/05/13 水曜日、復路 2015/05/18 月曜日が安く、税込で 8,395TWDでした。台湾ドルを1ドル3.82円(2015年3月26日のレート)とすると、日本円で約32068円です。 こちらはLCCですから、食事もドリンクも、預け荷物もありません。(手荷物2個で合計10kgまではOK)
もし、荷物を預ける場合は、片道20kgで750TWD(約)2865円。往復で5730円必要です。 運賃と併せて、37,798円になります。

チャイナが安すぎるのか、タイガーエアが高いのか分かりませんが、、。チャイナがLCCを持つにはもっと明確な差別化が必要な気がします。

 

公式サイト

チャイナエアライン

タイガーエア台湾

 

 

 


 - 旅行 , ,

ad


  関連記事

成田空港早朝便のため「ホテル日航成田」に前泊してみました。

  成田空港の朝便は、それほど早い訳ではないのですが、間に合うように行 …

羽田空港の深夜便、早朝便に!天然温泉平和島の無料バス増発

  「天然温泉平和島」では,羽田空港の早朝出発航空便および深夜到着便に …

デルタ航空、2015年度も「ニッポン 500マイル」を継続

  今年もデルタ航空の「ニッポン500マイル」キャンペーンは順当に延長 …

高知県が高知家になってる(広末涼子は高知娘)

  高知県が頑張ってる… 広末涼子メインの動画。 &nbs …

台湾でプリペイドSIMを入手し、定額パケットを使う(中華電信、台湾大哥大)

  最近流行の台湾ですが、こちらでも比較的簡単にSIMを入手できます。 …