アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

ポケモンGOの必需品!10000mAh 大容量 モバイルバッテリー、Anker PowerCore 10000(QC3.0対応)

      2016/08/19


 

昨年、入力・出力ともに「Qualcomm Quick Charge 2.0」に対応したモバイルバッテリー「ANKER PowerCore+ 10050」を買って便利に使っているのですが、さらに小型化したバッテリーが新発売されたので購入してみました。ポケモンGOでかなり電池を食うようになりましたので、なるべく軽いバッテリーを探してたんです。

スポンサーリンク




Anker PowerCore 10000

同じ製品名で同じ見た目の「Quick Charge 3.0非対応」の物もあるので注意が必要です。

20160724130622さくっと購入。Anker PowerCore 10000は、「ANKER PowerCore+ 10050」と違い、Qualcomm Quick Chargeの出力にのみ対応しています。Qualcomm Quick Chargeで高速充電ができないのはちょっと残念です。

20160724130645オープン!

20160724130714中身はこんな感じです。バッテリーが一回り小さくなったので、箱も少し小ぶりになりましたね。

20160724130758相変わらず、説明書はサッパリしてますが。一応日本語も書かれています。

20160724131011ポーチとUSB充電ケーブルも付属。充電器は付属していませんので手持ちのUSB充電器を使いましょう。

20160724131117梨地の仕上げで手触りが良いです。「ANKER PowerCore+ 10050」はアルミ仕上げで質感はよかったのですが、重たいのと角があるので痛かったんですよね。Anker PowerCore 10000は角丸で優しい感じ。

20160724131214ボタンは左側面にあります。押すと、インジケーターが光ります。1つ辺り25%の充電率です。

20160724131231USB出力の端子は緑色になってます。緑ってなにか規定があるんですかね? 青色はUSB3.0だと思いますが。

20160724131414a底面は光って写真が撮りづらいですが、、こんな感じ。「アンカージャパン株式会社」と明記されています。

 

新旧比較

20160724131513まぁ、ANKER PowerCore+ 10050も現行機なので「旧」っていうのは失礼かもですが、、、。ほぼ同容量(50mAh違いますが)でこのダウンサイズはすごいですね。

ちなみに、PowerCore+ 10050は、PowerCore 10000よりもちょっとお高め。

20160724131552ANKER PowerCore+ 10050はQuick Charge2.0、Anker PowerCore 10000はQuick Charge3.0対応なのが分かります。

PowerCare
10000
PowerCare+
10050
寸法 9.2 x 6 x 2.2 cm 9.6 x 6.1 x 2.3 cm
重量 181g 236g

 

重量はかなり軽く感じます。

20160724131616端子の違い以外は似てますね。

20160724131713幅はほぼ同じ。

20160724131821厚みもほぼ同じ。

20160724131857長さは4mm短いですね。もっと短く感じるのは角丸だからですかね。実際手に持った時も「お?」って思うくらい小さいです。

 

 

実測

20160724134236さて、Quick Charge3.0の出力を確認したいのですが、、、あいにく対応機器を持っていません。
Quick Chage2.0の機材は持ってますので、それで検証します。

ところで 2016年6月現在のQuick Chage3.0のリストを見ると、スマホ類は皆無ですね。みんな出力対応だけで充電は2.0止まりが多い様子。

Qualcommによるデバイスリストはこちら

20160724134333XPERIA Z4 につないだところ、ほぼ9V出てますね。

20160724134526アンペアは弱かったので、au isai LGL24につないだところ、1.18A 出てます。5V充電2.4Aとどっちが早いのか分かりませんが、感覚的には9V / 1.18Aの方が早い気がします。

20160724133136充電は、やはり約5.2Vまでしか上がらず。Quick Chageの充電対応がされてれば、と悔やまれます。

20160724133227その代わり2.1Aと強めに流れてるので、結構なスピードで充電可能でした。

Quick Charge充電が必須なら、ANKER PowerCore+ 10050がいいですが、充電は夜するのであまり急がない、というならANKER PowerCore 10000が軽くてオススメです。

 

 

 


 - モバイル , , ,

ad

ad


  関連記事

DMMモバイルの到着と速度検証

  業界最安値SIMのDMMモバイルに申し込み、到着したので使ってみま …

ワイモバイルの「家族割引サービス」の契約解除料免除特典が2015年2月1日から消滅

  ワイモバイルの「家族割引サービス」の契約解除料免除特典が2015年 …

Samsung、台湾でGalaxy S5の価格を発表

  22,900 元 (16G) 與 23,900 元 (32G) と …

楽天電話3分0円プランを試してみた結果

  先日から始まった、楽天電話3分0円プランを試してみました。 ↑ 楽 …

Polaroid piguの公式ファームウェア(ver3.3)を試す

  3.5インチ3Gスマホを発売中のポラロイドが、公式ファームウェア( …

スマホ乗り換え関連情報はこちらに

    スマホの乗り換え関連の記事は、こちらにまとめてありま …