アジア旅行とモバイルとネコの情報サイト

【アジアンモバイル】アジア旅行を中心に、モバイル、ガジェット、ネコ関連の情報をアップしています

*

正式にサービス開始したソネット「0 SIM(ゼロシム)」は0円スタート。音声回線は毎月700円で維持できるがMNP手数料は最低7,000円からと高額なので注意

   


 

ソネットが、デジモノステーション(2016年2月号)付録の「コラボSIM」でお披露目した「0 SIM」の正式サービス化を発表しました。 2016年1月26日(火)からサービス開始です。

スポンサーリンク




0 SIM(ゼロシム)

mainVisual_pc

データ通信が毎月500MB未満まで無料で、SMS、音声付きプランも提供されるのが特徴です。
ただし、SIMカードは一人一枚までとなります。 

0SIM_1

データ専用プラン」に加えて、SMS機能がついた「データ+SMSプラン」(月額料金150円~1,750円)、音声通話機能がついた「データ+音声プラン」(月額料金700円~2,300円)も提供します。

別途、初期費用(登録事務手数料)が3,000円かかります。

最低利用期間満了(12ヶ月)までに解約や退会、MNPによる転出をされる場合は、最低利用期間解約違約金5,200円がかかります。また、MNP自体の手数料が7,000円必要ですので、合計12,200円になります。
つまり、1年経ったあとも、永遠に7,000円が必要なわけで、少々割高な印象です。

音声プラン以外には最低利用期間の設定はありません。

 

プレスリリース

公式サイト(購入はこちらから)

よくある質問

 

 

 


 - モバイル ,

ad

ad


  関連記事

auがSIMロック解除の開始について公式アナウンス

  総務省がSIMロック解除に関するガイドラインを2014年12月22 …

MVNO格安SIMの複数回線契約制限まとめ

  MVNOによる格安SIMが多数発売されていますが、いざ使ってみよう …

台湾の中華電信4G-LTE プリペイドSIMを台北松山空港で買う。ついでに台湾大哥大4Gとの速度比較も実施

  台北の空港限定で、中華電信の4G LTE プリペイドSIMが売って …

キャッシュバック付きのDMM mobileを申し込んでみた

  DMMモバイルが業界最安値の1GB 660円で格安SIMを提供して …

Samsung、台湾でGalaxy S5の価格を発表

  22,900 元 (16G) 與 23,900 元 (32G) と …

asus Zenfone5のAndroid5.0 Lollipop OTAアップデートが2015年11月2日から開始

  日本で発売開始した、asus Zenfone5ですが、公式にはまだ …